心理科学部
  1. HOME
  2. 心理科学部・大学院心理科学研究科
  3. 教育理念・教育目的・教育目標

教育理念

本学の教育理念を基本として、現代科学技術の成果を認識し、心にかかわる自然科学と人文社会科学の連携による健康科学教育を推進する。生命の価値に対する倫理観を涵養し、心の障害、コミュニケーション障害を真摯に受け止めることが出来る知性と感性を備えた人材を養成することにより、人類の幸福に貢献することを心理科学部臨床心理学科の教育理念とする。

教育目的

心理科学部臨床心理学科の教育理念に沿って、心にかかわる自然科学と人文社会科学が連携した教育を通して、生命の価値に対する真摯な倫理観を涵養し、心の障害、コミュニケーション障害を一生の出来事として受け止めることが出来る知性と感性を備えた公認心理師や産業カウンセラー、スクールカウンセラー等の心理学に関する専門的知識を修得した人材の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

心理科学部臨床心理学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 心の障害、コミュニケーション障害に対処する心理専門職としての知識・技術の修得
  2. 社会の変化、科学技術の進展に合わせて専門性を検証し、自己研鑽できる能力の育成
  3. 予防的、治療的、予後的次元から様々な障害を見通せる能力の涵養
  4. 生命の尊厳に対する専門性のかかわりを常に意識できる感性の育成
  5. 地域的・国際的に貢献しうる学識と行動力の涵養