北海道医療大学

ウェブアドバンス 受験生のための入試総合サイト

研究紹介(未知へのチャレンジ)

北海道医療大学で行われている様々な研究の内容を紹介するページです。

新着研究情報

2021.12.07Research-No.10(出典)掲載誌名; Scientific Reports 論文タイトル; Direct reprogramming of epithelial cell rests of malassez into mesenchymal-like cells by epigenetic agents 論文著者; Koki Yoshida, Osamu Uehara, Yoshihito Kurashige, Durga Paudel, Aya Onishi, Puja Neopane, Daichi Hiraki, Tetsuro Morikawa, Fumiya Harada, Rie Takai, Jun Sato, Masato Saitoh, Yoshihiro Abiko*. (*; 責任著者) DOI; 10.1038/s41598-020-79426-4

口腔の上皮細胞のエピジェネティクス修飾による幹細胞への初期化と、骨や血管の細胞への直接的な分化

歯学部 生体機能・病態学系 臨床口腔病理学分野

吉田 光希講師

2021.12.07Research-No.8(出典)河村・入江・関口・坂野・本谷(印刷中)認知行動療法を行う初任者セラピストを対象とした同盟の質の向上を促す訓練プログラム開発のためのパイロットスタディ,認知行動療法研究

認知行動療法を行うセラピストを対象とした訓練プログラムの開発

心理科学部 臨床心理学科

河村 麻果助教

2021.12.07Research-No.7(出典)本家寿洋,内藤義則,一條紀善,金木渉,山田孝:個別プログラム群と小集団を対象とした認知症高齢者の楽しさプログラム群との比較.日本認知症ケア学会誌20(2):280-289,2021.

小集団の認知症高齢者に対して楽しさを学ぶプログラムの効果研究

リハビリテーション科学部 作業療法学科

本家 寿洋教授

2021.12.06Research-No.2(出典)掲載誌名; Clinical Epigenetics 論文タイトル; DNA hypermethylation of sirtuin 1 (SIRT1) caused by betel quid chewing-a possible predictive biomarker for malignant transformation 論文著者; Islam S, Uehara O, Matsuoka H, Kuramitsu Y, Adhikari BR, Hiraki D, Toraya S, Jayawardena A, Saito I, Muthumala M, Nagayasu H, Abiko Y*, Chiba I. (*; 責任著者) DOI; 10.1186/s13148-019-0806-y.

スリ・ランカにおける噛みタバコ常習者の口腔の長寿遺伝子の低下と病原細菌叢の増加(スリランカ・ペラデニア大学との共同研究)

国際交流推進センター・センター長

安彦 善裕教授

分野で検索

研究情報アーカイブ

Research-No.10
吉田 光希
口腔の上皮細胞のエピジェネティクス修飾による幹細胞への初期化と、骨や血管の細胞への直接的な分化
(出典:掲載誌名; Scientific Reports 論文タイトル; Direct reprogramming of epithelial cell rests of malassez into mesenchymal-like cells by epigenetic agents 論文著者; Koki Yoshida, Osamu Uehara, Yoshihito Kurashige, Durga Paudel, Aya Onishi, Puja Neopane, Daichi Hiraki, Tetsuro Morikawa, Fumiya Harada, Rie Takai, Jun Sato, Masato Saitoh, Yoshihiro Abiko*. (*; 責任著者) DOI; 10.1038/s41598-020-79426-4)
Research-No.2
安彦 善裕
スリ・ランカにおける噛みタバコ常習者の口腔の長寿遺伝子の低下と病原細菌叢の増加(スリランカ・ペラデニア大学との共同研究)
(出典:掲載誌名; Clinical Epigenetics 論文タイトル; DNA hypermethylation of sirtuin 1 (SIRT1) caused by betel quid chewing-a possible predictive biomarker for malignant transformation 論文著者; Islam S, Uehara O, Matsuoka H, Kuramitsu Y, Adhikari BR, Hiraki D, Toraya S, Jayawardena A, Saito I, Muthumala M, Nagayasu H, Abiko Y*, Chiba I. (*; 責任著者) DOI; 10.1186/s13148-019-0806-y.)

※本ページの研究紹介内容は、一般の方にわかりやすく紹介した研究概要です。詳細は各ページ内のリンク先等をご参照ください。

contact access

scroll