北海道医療大学

学長挨拶

三国 久美

北海道医療大学 学長

三国 久美

千葉大学看護学部看護学科卒業
北海道医療大学大学院看護福祉学研究科看護学専攻修士課程修了
北海道医療大学大学院看護福祉学研究科看護学専攻博士課程修了
93年本学就任、07年看護福祉学部教授、13年看護学科長、19年より看護福祉学部長、大学院看護福祉学研究科長を歴任。看護学博士。

 北海道医療大学は、1974年に創立され、2024年に創立50周年を迎えました。
 本学は、薬学部の設置から始まり、社会の様々なニーズを踏まえて、歯学部、看護福祉学部、心理科学部、リハビリテーション科学部、医療技術学部を設置してきました。創立から50年経った現在では、6学部9学科および6つの大学院研究科さらに歯学部附属歯科衛生士専門学校を擁する北海道内でも有数の医療系総合大学となりました。
 これまでに、本学では2万4千人を超える卒業生を輩出してきました。国内外での様々な分野における本学の卒業生の活躍は高い評価を得ており、私たち教職員は心から誇りに思うとともに50年にわたる先人の地道な努力と成果を実感しています。
 広々とした石狩平野に位置する当別キャンパスは、JR駅に直結し、自然豊かでのびのびと学生生活を送ることができる環境にあります。また、医療技術学部が設置されている札幌あいの里キャンパスは、大学病院が敷地内にあります。さらに本学では、2028年に北広島市のFビレッジ内にキャンパスを新設する計画を進めています。当別キャンパスや札幌あいの里キャンパスでの充実した学修環境と同様に、新キャンパスでも学生の皆さんがのびのびと勉学や学友会活動に取り組めるよう、私たち教職員みんなでサポートしていきます。
 本学の建学の理念は、「知育・徳育・体育 三位一体による医療人としての全人格の完成」です。ヒューマンケアを担う人材には、確かな知識や技術のみならず、自身の健康を保つ努力が求められます。さらに、質の高いケアを提供するためには、1人の専門職ができることには限界があり、チームワークのもとで対象者とその家族を支えるために自分の専門性を発揮する能力が求められます。このような能力を培うための多職種連携教育に加えて、日常的に様々な分野の専門職を目指す学友との学部や学科を超えた交流ができるのは、医療系総合大学という本学の強みです。また、AIの急速な普及に対応すべく、DX推進計画に基づき、データサイエンス関連科目を取り入れています。
 私たちは、これからの時代をみすえて、専門性の高い知識と技術を持ち、柔軟な発想で課題の解決に向けてチャレンジし、地域社会に貢献できる人材の育成を目指してまいります。

Line Instagram X YouTube

受験生応援サイト
資料請求
50周年記念サイト