大学院心理科学研究科

修士課程教育理念

心理科学の応用領域におけるより高度かつ実践的な専門的知識・技術力、及び関連領域の科学技術の発展に対する知識を持ち、Scientist and Practitionerの立場から地域的・国際的に貢献しうる高度専門職業人の養成を目指し、もって人類の心の健康及び心の教育研究の発展に寄与する

修士課程教育目標

学部教育によって得た心に関する幅広い知識・技術を基盤とし、臨床心理に共通する専門科目に加え、より専門的な臨床心理領域の研究と教育を行い、心に関する領域の学識を深め、幅広く心の障害に対処しうる専門家を養成する。

博士課程教育理念

博士(前期)課程で得た心理科学に関する応用領域の専門性をScientist and Practitionerとしての立場からより精緻に教育研究し、更に心理科学の立場から心の研究の後継者となりうる人材を養成し、もって人類の心の健康と心の教育研究により高度に寄与する。

博士課程教育目標

博士(前期)課程の臨床心理学の専門性を更により精緻に教育研究し、現場の高度専門職業人を指導することができる人材を養成する。