看護福祉学部
竹生 礼子

看護学科長
竹生 礼子

千葉大学看護学部卒業、本学大学院看護福祉学研究科修士課程、東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科博士課程修了。
06年本学就任。17年看護福祉学部教授。19年7月より看護学科長。看護学博士。

 看護とは、人々の生活をより健やかに保つための様々な取り組みです。医療の知識や技術がどんなに進歩しても、このような看護の本質は変わりません。けれども、私たちは日々進歩する医療の知識や技術を取り入れ、根拠に基づいた看護を提供する責任があります。また、様々な対象者と信頼関係を結ぶには、深い教養を身につける必要があります。この4年間で学ぶ全てのことは、みなさんが将来、看護を提供するプロフェッショナルとして活躍するための土台となるのです。
 みなさんには成長し、吸収する力があります。よく学び、よく遊び、学生や教員、周囲の人々との交流を持ち、かけがえのない学生生活を送ってください。