大学院看護福祉学研究科

修士課程 教育理念

看護学、臨床福祉学の各領域におけるより高度の学識と技術力を持つ高度専門職業人を養成することにより、国民の保健医療福祉の要請に応え、地域文化に根ざした健康と生活の質の向上に寄与し、また、各々学問領域の発展並びに専門職業従事者の質の向上に努め、ひいては国際社会の健康水準の向上に貢献することを本研究科の教育理念とする。

博士課程 教育理念

博士前期課程で修得した能力を基礎とし、自立した研究者として、学問の固有性を追求し、かつ分野を超えた開拓的研究活動を行い、または、高度の専門的業務に必要な学識を適用し、保健・医療・福祉分野で活動できる有為な教育者ならびに知的技術者(実践技術者)を育成する。

カリキュラムの特色

本研究科は、看護・福祉領域に関して高度な教育・研究を進め、ケアの実行者としての能力習得に加え、健全な保健医療福祉サービスシステムの維持と改革に必要な実践的な問題発見・解決能力と現実的な問題に対応して研究開発能力を発揮できる人材づくりを目指しています。さらに博士後期課程では、博士前期課程(修士課程)における教育・研究の精深さを追求し、少子・高齢社会の看護学、社会福祉学分野の教育・研究者と実践指導者となりうる知的技術者の養成を目指しています。

修士課程の各専攻におけるコース、領域、研究分野は、以下の通りです。

大学院看護福祉学研究科