大学院看護福祉学研究科

修士課程 教育理念

看護学、臨床福祉学の各領域におけるより高度の学識と技術力を持つ高度専門職業人を養成することにより、国民の保健医療福祉の要請に応え、地域文化に根ざした健康と生活の質の向上に寄与し、また、各々学問領域の発展並びに専門職業従事者の質の向上に努め、ひいては国際社会の健康水準の向上に貢献することを本研究科の教育理念とする。

博士課程 教育理念

博士前期課程で修得した能力を基礎とし、自立した研究者として、学問の固有性を追求し、かつ分野を超えた開拓的研究活動を行い、または、高度の専門的業務に必要な学識を適用し、保健・医療・福祉分野で活動できる有為な教育者ならびに知的技術者(実践技術者)を育成する。

カリキュラムの特色

本研究科博士前期課程(修士課程)および博士後期課程では、2010年度から次の要点を中心にカリキュラムの全面的な見直しを行いました。

1. 高度専門職業人の育成をより一層明確に打ち出すこと。
2. 社会人の修士課程での学びを促進・強化すること。
3. 看護学と臨床福祉学の接点を強固なものにすること。

具体的には、

1) 専攻領域を整理、一部統合したこと。
2) 「ナースプラクティショナー養成コース」の導入に伴い、その教育に必要な科目を配置したこと。
3) 看護学専攻、臨床福祉学専攻の「看護福祉学研究科共通科目」を拡充したこと。