大学院看護福祉学研究科
三國 久美

大学院看護福祉学研究科長
三國 久美

千葉大学看護学部看護学科卒業。北海道医療大学大学院看護福祉学研究科看護学専攻修士課程修了。北海道医療大学大学院看護福祉学研究科看護学専攻博士課程修了。93年本学就任。07年看護福祉学部教授。13年看護学科長。19年より看護福祉学部長、大学院看護福祉学研究科長。看護学博士。

地域社会に貢献できる看護と
福祉領域の高度専門職業人の育成をめざします

 看護福祉学研究科では、地域社会のニーズに対応するために、修士課程、博士課程において、高度な実践力、臨床現場の変革に貢献する研究能力を備え、またそれぞれの学問領域の開拓的な研究活動を担うことができる専門職業人の育成をめざしています。
 修士課程の看護学専攻では、基礎・統合領域、発達・障害領域を合わせて11分野が開講されています。このうち6分野は(慢性看護、老年看護、精神看護、がん看護、感染看護、在宅看護)、専門看護師養成課程として認定を受けており、これまで71名の専門看護師を輩出しています。さらに、平成22年度からは、プライマリーケアに従事するナースプラクテイショナー(NP)の養成も開始されました。平成31年3月現在、23名がNPとして資格を得ており、道内各地で地域医療の担い手として活動を始めています。
 臨床福祉学専攻では、社会福祉の原理や疫学、障害や高齢者、児童に関する福祉、教育福祉学が開講されています。障害福祉学では、当事者からみた障害のあり様や支援方法についてユニークな成果を発信し、また、多様な福祉領域の課題について探求しています。
 博士課程では、保健・医療・福祉分野で活動できる教育者、および高度な学識と実践力を有するリーダーの育成をめざし、オリジナリティの高い研究、専門領域での科学的な知識や援助方法を開発する研究など自立した研究者として推進できるように教育環境を整えています。