歯学部・大学院歯学研究科

トピックス エントリー

  • 2014年09月24日(水)

「平成26年度第2回歯学部FD研修会」が開催されました。

 「平成26年度第2回歯学部FD研修会」が、9月17日(水)午後5時30分より、歯学部棟4階D-4講義室において開催されました。
 今回は外部講師による講演形式ではなく、『臨床実習のあり方』をテーマに、歯学部教員によるプレゼンテーションおよびディスカッション形式により研修会が実施されました。
永易臨床実習委員長が司会進行を務め、最初に斎藤歯学部長が本学のミッション、歯科医療に対する社会のニーズ、新時代の歯科医師養成に向けた本学の取り組み、今後の課題などについて最新のデータを盛り込んだスライドを使用しながら講演を行いました。
 次に、各分野等(歯周歯内治療学、う蝕制御治療学、咬合再建補綴学、クラウンブリッジ・インプラント補綴学、歯科矯正学、小児歯科学、組織再建口腔外科学、顎顔面口腔外科学、歯科麻酔科学、歯科放射線学、大学病院)における臨床実習の取り組みについて、当該分野等所属の教員によりスライドなどを使用した事例発表が次々と行われました。
 後半は、各分野等の事例発表に対して質疑応答が交わされた後、特色ある臨床教育の方策、今後の臨床教育の方向性、臨床基礎学に関する教育などに関してディスカッションが行われました。
 本研修会には歯学部教員を中心とした80名を超える方々が参加され、約1時間半にわたって、盛りだくさんな内容の研修会が繰り広げられました。

ページ移動