歯学部 歯学科

沿革

1974(昭和49)年に学校法人東日本学園大学を設立、同年4月に東日本学園大学薬学部を開設、1978(昭和53)年歯学部が増設された。そして、同年12月には歯学部附属病院が開設された。また、1984(昭和59)年5月には歯学部附属歯科衛生士専門学校を開設した。歯学部設置当初の入学定員は、120名であったが、現在は80名(募集定員80名)である。1984(昭和59)年に108名の卒業生を出して以来、2017(平成29)年3月までに3,168名の卒業生を送り出した。そして歯科医師免許取得者は、3,103名(97.9%)である。

歴代歯学部長

1978年 4月   初代 安倍 三史
  12月   第2代 横溝 一郎
1979年 11月   第3代 安倍 三史
1980年 4月   歯学部長事務取扱 神澤 康夫
  4月 (25日) 第4代 神澤 康夫
1985年 4月   第5代   富田 喜内
1991年 4月   第6代 松田 浩一
1997年 4月   第7代   武田 正子
1999年 4月   第8代 松田 浩一
2003年 1月   歯学部長職務代理   平井 敏博
2003年 3月   第9代   大野 弘機
2009年 4月   第10代   有末 眞
2013年 4月   第11代   斎藤 隆史