子供への健康教育
 若い頃からの生活指導、子供を持つ母親への指導が大切です。子供の頃は特に食生活についての指導が大切だと思います。食習慣というのは母親の手料理から始まります。母親の食事に対する態度、知識、健康志向が子供の虫歯のみならず、歯並び、顎や体の成長などに大きく関わってきます。ちょっとした知識で防ぐことのできる問題も多いのです。当講座では以前より学生実習の一環として、当別町、浦臼町などで歯科健康診査(歯科健診)を行っており、また、平成元年より新篠津村で、高齢者も含め、歯科保健教育、健康相談を行ってきました。ここでも、虫歯や歯周病だけでなく、口腔内のいろいろな病変について診査し、全身の健康との関わりについてお話しています。今後も講座の使命として拡充していきたいと考えています。


戻る