北海道医療大学

ウェブアドバンス 受験生のための入試総合サイト

研究科の三方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

生命薬科学専攻(修士課程)

以下の要件を満たし、生命薬科学における高度専門性と研究能力を修得したと認められる者に対して、「修士(生命薬科学)」の学位を授与する。

  1. 薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)に2年以上在学し、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、本研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。

薬学専攻(博士課程)

以下の要件を満たし、深い学識と高い研究能力を修得したと認められる、あるいは高度な薬学専門性を必要とする職業において指導的役割を担うための高い学識と能力を修得したと認められる者に対して、「博士(薬学)」の学位を授与する。

  1. 薬学研究科薬学専攻(博士課程)に原則4年以上在学し、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、本研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

生命薬科学専攻(修士課程)

薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)の学位授与の方針に基づき、以下の方針のもとで教育課程を編成・実施する。

  1. 志望研究分野に属して研究指導を受け、課題研究を通して問題発見能力および解決能力を身につけさせる。
  2. 幅広い視野から生命薬科学を学ぶことができるように配されたカリキュラムを通して、分野横断的に授業科目を履修させる。これにより高度専門職能の基礎となる豊かな学識を身につけさせる。
  3. 特論・演習科目の評価はプレゼンテーション・討論の参加状況やレポート等を用いて実施する。修士論文作成に当たり、指導担当教員による形成的評価を継続的に行い、研究態度、課題研究到達度および最終年次における研究発表会、修士論文審査基準に基づいて総合的に評価を行う。

薬学専攻(博士課程)

薬学研究科薬学専攻(博士課程)の学位授与の方針に基づき、以下の方針のもとで教育課程を編成・実施する。

  1. 志望研究分野に属して医療薬学に関連する先端的研究に取り組みながら、研究計画能力と研究実践能力を身につけさせる。
  2. 学会発表ならびに論文発表を通して研究競争力と問題処理能力を身につけさせる。
  3. 幅広い視野から基盤薬学ならびに応用薬学を学ぶことができるように配された授業科目の履修を通して、所属研究分野の知識のみに偏ることなく分野横断的に医療薬学に拘わる高度専門知識を修得させる。これにより専門職能を発展する基礎となる豊かな学識を身につけさせる。
  4. 特論・演習科目の評価はプレゼンテーション・討論の参加状況やレポート等を用いて実施する。博士論文作成に当たり、指導担当教員による形成的評価を継続的に行い、3年次の「中間報告会」、最終年次における研究発表会、口頭試問、学力検査および博士論文審査基準に基づいて総合的に評価を行う。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

生命薬科学専攻(修士課程)

薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)では、学部において学んだ知識・技能をベースにして更に研鑽を積み、創薬科学あるいは医療科学それぞれの領域における、より高度な専門知識や理論・技術を修得して、地域の保健医療や福祉の増進、向上に携わることに強い意欲を持つ学生を求めます。

薬学専攻(博士課程)

薬学研究科薬学専攻(博士課程)では、日進月歩の近代医療の中で、人々や他の医療従事者の多様なニーズに応えるために薬剤師として更なる高度専門知識を修得することを目指す学生、さらに医療薬学に関連する学問領域での最先端の研究に従事して自己研鑽を積み、地域医療の中核を担おうとする意欲を持つ学生を求めます。

contact access

scroll