大学院薬学研究科

生命薬科学専攻修士課程

生命科学を基盤とした医薬科学の教育・研究を展開

生命薬科学専攻修士課程は、生命科学を基盤とした医薬科学の教育・研究を通じて、先端医療の基盤を支える高度の専門的知識、問題処理能力、研究能力を有し、創薬化学を推進できる研究者・高度専門技術者の養成を目的としています。また、がん専門薬剤師等のキャリアアップを目指す臨床現場の薬剤師(社会人)を対象として、高い臨床研究能力を有する高度専門職業人の養成を行うことも目的としています。研究分野は、創薬化学、生命物理科学、衛生薬学、分子生命科学、薬理学、薬剤学の6分野を有し、カリキュラムでは、生命科学を基盤として、医薬品及び医療にかかわる最先端の研究等について広く学ぶ生命薬科学特論や、がんにかかわる基礎的知識を修得するためのがん特論を配置するなど、基礎的な知識から応用的知識までを幅広く修得することができるよう配慮されています。

薬学専攻博士課程(新課程)

医療現場において指導的な役割を担うことのできる高度専門職業人を養成

薬学専攻博士課程は、医療薬学に関わる最先端の研究を通して先進医療の推進に必要な高度な専門知識と企画力・応用力を涵養し、医療現場において後進の薬剤師に対し指導的な役割を担うことのできる高度専門職業人を養成するための場です。研究分野は、基盤薬学系と臨床薬学系の2分野を有しています。そこでは専門領域ごとの複数の大学院担当教員が個々の専門性に囚われることなく分野を横断して連携・協力し、研究能力ばかりでなく指導力や発表力などを統合的に身につけた医療人の育成に取り組みます。さらに、提携医療機関に常駐し、専門医や専門薬剤師の指導の下に臨床研究を展開しながら単位を修得していくこともできるなど、博士課程に必要な幅広い専門知識の修得に向けて組織的な対応が図れるように配慮されています。