大学院薬学研究科
  1. HOME
  2. 薬学部・大学院薬学研究科
  3. 教育理念・教育目的・教育目標

生命薬科学専攻(修士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育を推進し、高度な専門性を有する薬科学研究者の養成により、医療社会の発展と人類の幸福に寄与することを薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)の教育理念とする。

教育目的

薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)の教育理念に沿って、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育を推進し、医薬品の専門家としての確かな知識・技術を駆使し、先駆的かつ指導的役割を果たすことが出来る高度な薬科学研究者の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 豊かな学識と人格の養成
  2. 高度な専門知識および学術の修得
  3. 高度な問題解決能力の涵養

薬学専攻(博士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育・研究を推進し、社会の要請に対応した研究や独創的な研究活動を通して、社会の発展と人類の幸福に寄与することを薬学研究科薬学専攻(博士課程)の教育理念とする。

教育目的

薬学研究科薬学専攻(博士課程)の教育理念に沿って、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育・研究を推進し、研究活動を通して、人間性豊かで確かな倫理観を有する薬学研究者や教育指導者の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

薬学研究科薬学専攻(博士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 豊かな学識と人格の養成
  2. 独創的な研究および研究能力の養成
  3. 社会の要請に的確に対応できる教育・研究能力の修得