大学院薬学研究科
  1. HOME
  2. 薬学部・大学院薬学研究科
  3. 研究科長メッセージ
和田 啓爾

大学院薬学研究科長
和田 啓爾

北海道大学薬学部卒業。同大学大学院薬学研究科博士課程修了。
1982年本学就任。2000年本学薬学部教授。
2012年より現職。薬学博士。

生命薬科学と医療薬学に関わる
高度専門知識の習得を目指す薬学研究科

平成18年度からの薬学6年制への移行という大規模な制度改正に伴い、薬学研究科では従来の修士課程(薬学専攻・医療薬学専攻)を再編し、平成22年4月に新たに生命薬科学専攻修士課程を開設し、さらに平成24年4月より6年制学部に基礎を置き主として医療薬学・臨床薬学に重点を置いた教育研究を推進する新博士課程(4年制)を開設しました。6年間の学部教育がジェネラリストとしての薬剤師を養成する場なら、新博士課程は医療薬学に関する高度専門医療人を養成するための場です。そこでは大学院担当教員が個々の専門性に囚われることなく分野を横断して連携・協力し、研究能力ばかりでなく指導力や発表力などを統合的に身につけた医療人の育成に取り組みます。さらに、提携医療機関に常駐し、専門医や専門薬剤師の指導の下に臨床研究を展開しながら単位を修得していくこともできるなど、様々なコースワークにより学位取得を目指すことができます。このように、薬学研究科では薬学6年制課程の卒業生ばかりでなく、修士課程修了者さらには薬学以外の6年制医療系学部出身者にも広く門戸を開く教育・研究指導体制を整えています。