大学院薬学研究科
  1. HOME
  2. 薬学部・大学院薬学研究科
  3. 研究分野
  4. 分子生命科学(免疫微生物学)

分子生命科学分野(免疫微生物学)

教授 獣医学博士 岡崎 克則
准教授 医学博士 大澤 宜明

細胞レベル・分子レベルでの生体防御機構の解析

免疫系などの生体防御機構が正常に働くには、個々の細胞が、細胞外の適切な情報を受容して細胞内に伝達し、正しく機能する必要がある。当教室では、このしくみを細胞レベルや分子レベルで明らかにし、病気の治療に役立てることを目的として、以下の課題を中心に研究している。(1)高分子量ヒアルロン酸が抗炎症・鎮痛作用を示す機構と関節リウマチの治療に関する研究(2)リゾリン脂質などの脂質メディエーターと関節リウマチの病態形成に関する研究(3)白血球が細菌を認識し、貪食・殺菌する機構に関する研究(4)抗アレルギー薬の作用機構に関する研究(5)オゾン化オリーブ油などの物質が、アトピー性皮膚炎や床ずれなどで抗炎症作用・鎮痛作用を示す機構に関する研究。