リハビリテーション科学部

教育理念

本学の教育理念を基本として、最先端の科学的知識を有するリハビリテーション専門職の育成を図る教育を推進する。科学的専門知識の開発及び教授に留まらず、保健・医療・福祉の連携と統合を意識した、包括的な視点を有する専門職能人を育成することにより、国民の健康を守り、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することをリハビリテーション科学部の教育理念とする。

教育目標

  1. リハビリテーション専門職として求められる幅広い教養、豊かな感性、高い倫理観とコミュニケーション能力を養う。
  2. 多職種連携の必要性を理解し、主体的に実践できる人材基盤の確立を推進する。
  3. 保健・医療・福祉の連携を図りながら、地域包括ケアの視点より専門技術を提供できる能力を養う。
  4. 心身に障害を有する人、障害の発生が予測される人、さらにはそれらの人々が営む生活に対して、適切に対処できる科学的根拠に基づいた専門知識や技術を身につける。
  5. 社会の変化や科学技術の進展に合わせて専門性を検証し、常に自ら考え行動する能力を培う。