リハビリテーション科学部・大学院リハビリテーション科学研究科

トピックス エントリー

  • 2019年10月31日(木)

河治勇人さん(博士後期課程3年)が筆頭著者の原著論文が学術誌に採択されました。

論文名:Effect of altered sagittal-plane knee kinematics on loading during the early stance phase of gait
著者 :Hayato Kawaji, Satoru Kojima
掲載紙:Gait & Posture, 2019 October 74: 108-113

 河治さんは北海道医療大学病院で理学療法士として勤務しながら、リハビリテーション科学研究科 小島悟教授(生体構造機能・病態解析学分野)の指導の下、研究活動に取り組んできました。本研究は変形性膝関節症症例に示される膝関節運動の変化が歩行時の膝関節負荷に及ぼす影響を明らかにしたものです。
 この研究結果は、変形性膝関節症に対する科学的根拠に基づいた理学療法介入を確立する一助になることが期待されます。

ページ移動