リハビリテーション科学部・大学院リハビリテーション科学研究科

トピックス エントリー

  • 2015年07月21日(火)

「第1回リハビリテーション科学研究科FD研修会」開催報告

 平成27年度第1回リハビリテーション科学研究科FD研修会が、本学P-1講義室において6月15日(月)に開催されました。「研究ノートの書き方を学ぶ」というテーマで、110名が参加しました。
 研修会では、歯学部・安彦善裕教授、松岡紘史講師、礒部太一講師の3名に講演いただきました。安彦教授からは「実験研究での研究ノートの使い方」について、松岡講師からは「調査研究での研究ノートの使い方」について講演いただき、具体的な記載のポイントが述べられました。最後に礒部講師から「研究ノートの意義と目的:倫理的・社会的観点から」というタイトルで、参加者が研究ノートに関して工夫している点や疑問点についてのグループディスカッションも交えながら、講演いただきました。
 今回の研修会では、研究ノートの書き方やポイントについて整理することができ、研究ノートを書く重要性について再認識する事ができたと感じました。



ページ移動