リハビリテーション科学部・大学院リハビリテーション科学研究科

トピックス エントリー

  • 2015年04月17日(金)

「平成27年度第1回リハビリテーション科学部FD研修会」開催報告

 平成27年度第1回リハビリテーション科学部FD研修会が4月2日に開催されました。「多職種連携のコンピテンシーを学ぶ」というテーマで、26名の教員が参加しました。
 研修会では、本学部・本家寿洋教授、吉田晋教授、澤村大輔講師の3名に講演いただきました。本家教授からは「多職種連携コンピテンシーの開発プロセスとその概要」というタイトルで、その定義と開発の背景、コンピテンシーを構成する6つの要素について解説がありました。吉田教授からは「多職種連携コンピテンシーを基礎教育・生涯教育のデザインに活かす」というタイトルで、本年度からリハビリテーション科学部3年生を対象として行われる多職種連携論の講義をどのように進めていくか、具体的な内容が述べられました。最後に澤村講師から「千葉大学看護学研究科付属専門職連携教育研究センター開設シンポジウム報告」として、千葉大学で行われている多職種連携の教育プログラムに関して現状の報告がありました。
 今回の研修会では、本学部のみならず、他学部からの参加もあり、多職種連携に関する関心の高さが感じられました。今後もこのような取り組みのなかで、多職種連携に関する情報・意見交換と議論を重ねていくことが、様々な医療系学部が存在する本学の環境を活かした多職種連携教育の充実に必要であると感じた研修会でした。

ページ移動