大学院リハビリテーション科学研究科

リハビリテーション科学専攻(修士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、高度化、多様化が進む現代の保健・医療・福祉分野において、先進的な専門知識と技術を身につけ、質の高いリハビリテーションを実践できる人材を養成することにより、人々の保健・医療・福祉の要請に応え、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することをリハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(修士課程)の教育理念とする。

教育目的

リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(修士課程)の教育理念に沿って、人々の健康と保健・福祉の向上にむけて、高度専門職業人としてリハビリテーション領域において実践的に寄与する人材の養成ならびにリハビリテーション医学・医療の研究・発展に貢献できる人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(修士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 先進的な専門知識および技術を備え、質の高いリハビリテーションを展開できる人材の養成
  2. 保健・医療・福祉の現場で、優れた管理・指導能力を持って指導的役割を担うことのできる人材の養成
  3. 科学的および学際的視点から臨床的課題を解決することのできる人材の養成

リハビリテーション科学専攻(博士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、修士課程で修得したリハビリテーション科学に関する能力を基盤として、保健・医療・福祉分野における高度な学識と新たな真理を探究することのできる優れた研究能力を有する人材の養成と、リハビリテーション医療に対するすべての人々の要請に応え、保健・医療・福祉分野において科学的根拠に基づく専門能力を地域社会に適用し、指導的立場で活躍できる有能な教育者および実践指導者の養成を通して、社会の発展と人類の幸福に貢献することをリハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(博士課程)の教育理念とする。

教育目的

リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(博士課程)の教育理念に沿って、高度な研究能力、深い学識、豊かな人間性、および保健・医療・福祉分野において高度な実践能力を備えた指導的役割を担うことができる人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(博士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 高度な学識と研究能力を備え、質の高いリハビリテーション科学の探究と確立に寄与できる人材の養成
  2. 保健・医療・福祉の分野において、科学的根拠に基づく専門能力を地域社会に適用し、指導的立場で活躍できる有能な教育者および実践指導者の養成