北海道医療大学

ウェブアドバンス 受験生のための入試総合サイト

教育理念

本学の建学の理念
「知育・徳育・体育 三位一体による医療人としての全人格の完成」に基づき、
教育理念を以下のように定める。
生命の尊重と個人の尊厳を基本として、保健と医療と福祉の連携・統合をめざす
創造的な教育を推進し、確かな知識・技術と幅広く深い教養を身につけた
人間性豊かな専門職業人を養成することによって、
地域社会ならびに国際社会に貢献することを北海道医療大学の教育理念とする。

「生命の尊重と個人の尊厳」

 医療を担う者にとって、「生命の尊重」は最も基本的な原理であるが、今日では同時に、医療を受ける者の人格をも尊重しなければならない。つまり、生命の尊重と人格の尊重のバランスを図ることが大切であり、「学生中心の教育」の実践と「患者中心の医療」の推進が本学の教育の基本である。

「保健と医療と福祉の連携・統合」

 高齢化社会における医療は、単に診療のみならず、疾病予防やリハビリテーション、さらにはケアや福祉を含んだ、広範囲で包括的なものにならざるを得ない。よって「保健と医療と福祉の連携・統合」とは、これからの新しい医療理念であり、本学の教育は、この新しい理念の下に行われる。

「人間性豊かな専門職業人を育成」

 新しい医療・教育の推進を通して、人間性豊かな医療や福祉の専門職業人の育成を図ること、すなわち、知性・理性・感性の調和した人間を育成することが本学の教育の基本理念である。

「社会に貢献する」

 「人類あるところに医療あり」。医療や福祉の究極の目的は「人類の幸福」である。本学はこれから社会に貢献する大学を目指し、「地域社会ならびに国際社会に貢献する」職業人を育成していかねばならない。そのため、教育、研究、医療、文化等あらゆる場面において、地域社会及び国際社会との交流を深めていく必要がある。

本学の教育目的

本学の教育理念に沿って、
幅広く深い教養に基づく豊かな人間性と高度で正確な専門知識・技術を有し、
保健・医療・福祉を中心とする多様な分野と連携・協調して行動し、
地域社会や国際社会で活躍できる専門職業人の養成を本学の教育目的とする。

本学の教育目標

北海道医療大学の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

幅広く深い教養と豊かな人間性の涵養

 保健・医療・福祉の業務に携わる者にとって必要な、倫理観、責任感、人に対する「思いやり」や「やさしさ」等、幅広く深い教養と豊かな人間性を涵養する。

確かな専門の知識および技術の修得

 保健・医療・福祉へ生涯にわたり貢献できるよう、それぞれの専門知識及び技術を修得する。

自主性・創造性および協調性の確立

 科学技術の進歩や社会の変化に柔軟に対応し、やがて自ら新しい時代を切り開くことが出来るよう、学生の自主性及び創造性の確立を目指した教育を行う。

地域社会ならびに国際社会への貢献

 教育の高度化、個性化、国際化、情報化、生涯学習の時代等、常に変化する社会の要請に的確に対応できる教育を推進し、地域社会及び国際社会に貢献することを目標とする。

大学案内

contact access

scroll