北海道医療大学

ウェブアドバンス 受験生のための入試総合サイト

大学の三方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

北海道医療大学は、大学および各学部学科の教育理念・教育目的に基づいた教育目標の達成に向けて、全学教育および専門教育科目を履修し、保健・医療・福祉の高度化・専門化に対応しうる高い技術と知識、優れた判断力と教養を身につけ、各学部学科が定める履修上の要件を満たした学生に対して「学士」の学位を授与します。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

北海道医療大学は、教育理念にある「保健と医療と福祉の連携・統合」を基本として、確かな知識と技術、深い教養と豊かな人間性を持ち、広く社会に貢献できる専門職業人の養成に向けた教育課程を編成します。すなわち、幅広く深い教養と豊かな人間性・自立性・創造性・協調性の修得をめざす「全学教育科目」、および確かな専門知識と技術の修得をめざす各学部・学科の「専門教育科目」を適切に組合せた学士課程教育を提供します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

北海道医療大学は、「21世紀の新しい健康科学の構築」を追究し、社会の要請と期待に応えるため、豊かな人間性や協調性・創造性等に加えて、保健と医療と福祉に関して各学部学科の高度な研究に裏打ちされた専門性の高い教育を行います。本学卒業には各学部学科の「学位授与の方針」の要件を満たすこと、すなわち、全学共通基盤の知識・技術・態度が必要となるばかりではなく高度な専門性の修得が要求されます。そのため、各学部学科では学位授与の方針の要件をより効果的に達成しうる資質を持った人材の受入れについて「入学者受入れの方針」として定めています。

なお、上記の北海道医療大学の三方針(学位授与、教育課程編成・実施、入学者受入れの方針)に基づいて各学部学科の三方針の詳細が定められています。

学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)

大学院の三方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

北海道医療大学大学院では、教育理念・教育目的および教育目標に基づき、各研究科専攻において学位授与要件が定められています。各研究科専攻の定められた学位授与要件を満たし、高度な専門性と研究能力を修得したと認められる者に対して、「修士または博士」の学位を授与します。
なお、本学大学院には以下の研究科および専攻を置きます。

  • 薬学研究科

    • 生命薬科学専攻(修士課程)
    • 薬学専攻(博士課程)
  • 歯学研究科

    • 歯学専攻(博士課程)
  • 看護福祉学研究科

    • 看護学専攻(修士課程および博士課程)
    • 臨床福祉学専攻(修士課程および博士課程)
  • 心理科学研究科

    • 臨床心理学専攻(修士課程および博士課程)
  • リハビリテーション科学研究科

    • リハビリテーション科学専攻(修士課程および博士課程)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

北海道医療大学大学院研究科の各専攻(課程)では、教育理念・教育目的および教育目標に沿った学位授与の方針に基づく教育課程編成・実施の方針を定めており、「コースワーク」と「リサーチワーク」を適切に組み合わせた教育・研究課程を提供します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

北海道医療大学大学院では、高度な専門知識・技術の修得と豊かな人間性を有する高度専門職業人の養成と最先端の研究活動を行える研究者・教育者としての人材を養成する研究・教育活動を行います。そのため研究科の各専攻(課程)ではこれらの目的に沿った学位授与の方針を定めており、学位授与の方針の要件をより効果的に達成しうる資質を持った人材について「入学者受入れの方針」として定めています。

なお、北海道医療大学大学院の教育理念・教育目的・教育目標に沿って、各研究科専攻(課程)の教育理念・教育目的・教育目標が定められています。

学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)

大学案内

contact access

scroll