北海道医療大学

献体について

献体とは

献体とは、医学・歯学の大学における解剖学の教育・研究に役立たせるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することをいいます。
「自分の死後、遺体を医学・歯学の教育と研究のために役立てたい」とこころざした人が、生前から献体したい大学またはこれに関連した団体に名前を登録しておき、亡くなられた時、遺族あるいは関係者がその遺志にしたがって遺体を大学に提供することによって、はじめて献体が実行されることになります。

献体の意義

今日ほど「医の倫理」が強調され、「良医」の育成が強く要望されている時はありません。医師・歯科医師をはじめとする医療人になろうとする学生が、献体されたご遺体によって「解剖学実習」をすることにより、解剖学の知識を習得すると同時に、献体に対する感謝の気持と、その期待に応える責任と自覚をもつという点で、大きな精神的教育を受けています。
献体の最大の意義は、みずからの遺体を提供することによって医学教育に参加し、学識・人格ともに優れた医師・歯科医師を養成するための礎となり、医療を通じて次の世代の人達のために役立とうとすることにあります。しかし、医療は医師・歯科医師によるばかりではありません。現代の医療はチーム医療と呼ばれ看護師・理学療法士・作業療法士など多くのコメディカルと呼ばれる専門職によって支えられています。
医療系総合大学である北海道医療大学では、ご遺体は北海道医療大学の歯学部をはじめとする学生および専門学校の生徒の教育のため解剖学実習などに用いられています。

白菊会

Line Instagram Twitter YouTube