学術大会のご案内

第15回学術大会のご案内

メインテーマ:
その人の暮らしを織りなす ナラティヴエシックス

 保健医療福祉の中でナラティヴ(物語・語り)への関心は高く、これまでの間、ナラティヴ・ベイスド・メディスン、ナラティヴ・アプローチという観点で、患者・療養者・利用者であるその人が物語る意味や専門職として物語を聴く意義が検討されてきました.今回、本学術大会では、ナラティヴにエシックスの視点を交えて、それらの概念や意味を問い直し、ナラティヴに対する向き合い方とケアに生かす方策を考えたくテーマを設定しました。
 講演では、臨床倫理士で倫理コンサルタントである金城隆展先生をお招きし、ナラティヴエシックスについて理解を深めたいと思います。シンポジウムでは、療養者に人生物語を語っていただき、当事者であるその人と専門職が縦糸と横糸になって暮らしを織りなすケアについ考え、ディスカッションを行います。
 保健医療福祉に関わる全ての方、療養中の方々はじめ市民の皆様と共に考え、語り合い、有意義な時間となりますよう、多くの方のご参加をお待ちしております。

第15回学術大会長 佐々木 栄子(北海道医療大学看護福祉学部)

日時
2018年9月8日(土) 午前10:00~16:30(受付:9:30~ アスティ45 16階)

会場
北海道医療大学札幌サテライトキャンパス・ACU
住所 北海道札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12階・16階

プログラム

時間 内容
10:10~11:40
特別講演(北海道医療大学看護福祉学部同窓会セミナー共催)
「保健医療福祉におけるナラティヴエシックス ~「共同著作」の視点から~」
座長:佐々木 栄子
(北海道医療大学看護福祉学部)
講師:金城 隆展
(琉球大学医学部付属病院 地域医療部 臨床倫理士/倫理コンサルタント)
11:50~12:20 総 会
13:10~15:00
シンポジウム
「その人の物語から暮らしを織りなすケアを考える」
座長:
竹生 礼子・大友 芳恵
(北海道医療大学看護福祉学部)
シンポジスト:
大崎 栄子
(北海道であいの会 代表/療養者)
真鍋 智美
(全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス札幌 代表/看護師)
佐藤 美由紀
(NPO法人 iCare ほっかいどう 理事相談員)
下倉 賢士
(在宅緩和ケア診療所 ホームケアクリニック札幌 ソーシャルワーカー)
指定発言者:
金城 隆展
15:10~16:30 研究発表
17:30~ 情報交換会(京王プラザホテル札幌 1Fグラスシーズンズ)
参加費
[学術大会] 事前:会員2,000円, 非会員2,500円/当日:一律3,000円 (午前の部のみ:無料)
情報交換会
学術大会終了後(17:30~),京王プラザホテル札幌に於いて,「情報交換会」を予定しています。引き続き,是非ご参加ください。情報交換会の参加費は3,500円です。(要事前申し込み)
事前申し込み締め切り 8月24日(金)(以後は当日受付になります)
※学術大会・情報交換会ともに参加費の振込みを持って事前申し込み完了となります
参加費振込先
ゆうちょ銀行
口座名称:北海道医療大学看護福祉学部学術大会
口座番号:02750-1-64789
お問い合せ先
北海道医療大学看護福祉学部学会 第15回学術大会実行委員会
E-Mail:nsgakujyutu@ml.hoku-iryo-u.ac.jp(学会事務局)
学会ホームページ:http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~nsgakkai/