薬理学(臨床薬理毒理学)

研究実績

大橋 敦子、鈴木 郁子
○×問題でマスター 生理学第5版
志村まゆら監修、医歯薬出版株式会社、2024


Matsushima K, Izumi T, Vallortigara G.
The domestic chick as an animal model of autism spectrum disorder: building adaptive social perceptions through prenatally formed predispositions. Front Neurosci., 2024, Sections Neurodevelopment, Volume 18.
https://doi.org/10.3389/fnins.2024.1279947


Suzuki N, Hiraide S, Shikanai H, Isshiki T, Yamaguchi T, Izumi T, Iizuka K.
Impaired monoamine neural system in the mPFC of SHRSP/Ezo as an animal model of attention-deficit/hyperactivity disorder. J Pharmacol. Sciences 2024, 154(2) 61-71.
https://doi.org/10.1016/j.jphs.2023.12.002


Shikanai H, Matsuzaki H, Kasai R, Kusaka S, Shindo T, Izumi T.
5-HT Neural System Abnormalities in PTSD Model Rats. In: Pinna, G. (eds) Translational Methods for PTSD Research. 2023, Neuromethods, vol 198, pp 203–213, Humana, New York, NY.
https://doi.org/10.1007/978-1-0716-3218-5_10


泉 剛
医療薬学ブラッシュアップ講座「ベンゾジアゼピン依存について」全4回
1. ベンゾジアゼピンについての基礎知識(2023年1月)
2. ベンゾジアゼピン脳内作用機序(2023年2月)
3. 薬物依存(2023年3月)
4. ベンゾジアゼピンの治療薬依存(2023年4月)
北海道薬剤師会誌,  出版: 北海道薬剤師会, 2023, 40(1-4).


鹿内浩樹泉 剛
不安症の生化学研究・動物モデルの研究
精神科(心療内科). 出版: 科学評論社,  2023, 42(2):182-188.


大橋 敦子
生理学実習NAVI 第3版
医歯薬出版株式会社 発行、2023


泉 剛
不安の生物学的機序
臨床精神医学. 出版: アークメディア, 2022, 51(9):975-980.


Shikanai H, Ikimura K, Miura M, Shindo T, Watarai A, Izumi T.
Separation and detection of D-/L-serine by conventional HPLC. MethodsX. 2022, 9: 101752
https://doi.org/10.1016/j.mex.2022.101752


Shindo T*, Shikanai H*, Watarai A, Hiraide S, Iizuka K, Izumi T.
D-serine metabolism in the medial prefrontal cortex, but not the hippocampus, is involved in AD/HD-like behaviors in SHRSP/Ezo. Eur J Pharmacol. 2022, 923:174930 *equally contribution
https://doi.org/10.1016/j.ejphar.2022.174930


Hiramoto T, Sumiyoshi A, Yamauchi T, Tanigaki K, Shi Q, Kang G, Ryoke R, Nonaka H, Enomoto S, Izumi T, Bhat MA, Kawashima R, Hiroi N.
Tbx1, a gene encoded in 22q11.2 copy number variant, is a link between alterations in fimbria myelination and cognitive speed in mice. Molecular psychiatry 2021 Nov 5.
https://doi.org/10.1038/s41380-021-01318-4


鈴木 郁子、内田 さえ、鍵谷 方子、大橋 敦子、二本 松明、大森 啓之、志村 まゆら、野口 栄太郎
人間と生活 -地球の健康を考える-
鈴木郁子編集、錦房株式会社、2021


Otsuka I, Akiyama M, Shirakawa O, Okazaki S, Momozawa Y, Kamatani Y, Izumi T, Numata S, Takahashi M, Boku S, Sora I, Yamamoto K, Ueno Y, Toda T, Kubo M, Hishimoto A.
Genome-wide association studies identify polygenic effects for completed suicide in the Japanese population
Neuropsychopharmacology 2019, 44(12):2119-2124.
https://doi.org/10.1038/s41386-019-0506-5


鹿内 浩樹泉 剛
不安症治療におけるSSRIの作用機序の神経科学的理解
精神科. 出版: 科学評論社, 2018, 33(5):377-382.


大橋 敦子、鈴木 敦子、鈴木 郁子
○×問題でマスター 生理学第4版
志村まゆら、大沢秀雄監修、医歯薬出版株式会社、2018


Shikanai H, Izumi T
In vivo analysis for mechanism of drug action by juxtacellular recording
Folia Pharmacologica Japonica. 2018, 152(1):28-32.
https://doi.org/10.1254/fpj.152.28


Ó Broin P, Beckert MV, Takahashi T, Izumi T, Ye K, Kang G, Pouso P, Topolski M, Pena JL, Hiroi N
Computational Analysis of Neonatal Mouse Ultrasonic Vocalization
Curr Protoc Mouse Biol. 2018, 8(2):e46.
https://doi.org/10.1002/cpmo.46


Shikanai H, Oshima N, Kawashima H, Kimura S, Hiraide S, Togashi H, Iizuka K, Ohkura K, Izumi T
N-methyl-d-aspartate receptor dysfunction in the prefrontal cortex of stroke-prone spontaneously hypertensive rat/Ezo as a rat model of attention deficit/ hyperactivity disorder
Neuropsychopharmacology Reports 2018, 38(2):61-66.
https://doi.org/10.1002/npr2.12007


Kimura A, Hishimoto A, Otsuka I, Okazaki S, Boku S, Horai T, Izumi T, Takahashi M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I.
Loss of chromosome Y in blood, but not in brain, of suicide completers.
PLoS One 2018, 13(1):e0190667.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0190667


Kumamoto H, Yamaguchi T, Konno K, Izumi T, Yoshida T, Ohmura Y, Watanabe M, Yoshioka M.
Repeated fluvoxamine treatment recovers early postnatal stress-induced hypersociability-like behavior in adult rats.
J Pharmacol Sci. 2018, 136(1):1-8.


Shikanai H
Physiological persity of 5-HTergic neurons in the dorsal raphe nucleus involved in emotional regulation
Facilitating resilience after trauma 2018, edited by G. Pinna and T Izumi, Nova Science Publishers, 1-17.


Izumi T, Kitaichi Y, An Y, Inoue T, Yoshioka M.
The amygdala is the target brain site of anxiolytic effects of SSRIs
Facilitating resilience after trauma 2018, edited by G. Pinna and T Izumi, Nova Science Publishers, 19-89.


Boku S, Izumi T (co-first author), Abe S, Takahashi, Nishi T, Nomaru H, Naka Y, Kang G, Nagashima M, Hishimoto A, Enomoto S, Duran-Torres G, Tanigaki K, Zhang J, Ye K, Kato S, Männistö PT, Kobayashi K, Hiroi N
Copy number elevation of 22q11.2 genes arrests the developmental maturation of working memory capacity and adult hippocampal neurogenesis.
Molecular Psychiatry 2018, 23(4):985-992.


Otsuka I, Izumi T, Boku S, Kimura A, Zhang Y, Mouri K, Okazaki S, Shiroiwa K, Takahashi M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I, Hishimoto A
Aberrant telomere length and mitochondrial DNA copy number in suicide completers.
Sci Rep. 2017, 7(1):3176.


Ohmura Y, Sasamori H, Tsutsui-Kimura I, Izumi T, Yoshida T, Yoshioka M.
Varenicline provokes impulsive action by stimulating α4β2 nicotinic acetylcholine receptors in the infralimbic cortex in a nicotine exposure status-dependent manner.
Pharmacol Biochem Behav. 2017, 154:1-10.


鹿内 浩樹
留学で得られること
日本薬理学雑誌 2016, 148(5):283.


An Y, Chen C, Inoue T, Nakagawa S, Kitaichi Y, Wang C, Izumi T, Kusumi I.
Mirtazapine exerts an anxiolytic-like effect through activation of the median raphe nucleus-dorsal hippocampal 5-HT pathway in contextual fear conditioning in rats.
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2016, 70:17-23.


Tsutsui-Kimura I, Ohmura Y, Izumi T, Matsushima T, Amita H, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M.
Neuronal codes for the inhibitory control of impulsive actions in the rat infralimbic cortex.
Behav Brain Res. 2016, 296:361-372.


Ogura Y, Izumi T, Yoshioka M, Matsushima T.
Dissociation of the neural substrates of foraging effort and its social facilitation in the domestic chick.
Behav Brain Res. 2015, 294:162-176.


Lyttle K, Ohmura Y, Konno K, Yoshida T, Izumi T, Watanabe M, Yoshioka M.
Repeated fluvoxamine treatment recovers juvenile stress-induced morphological changes and depressive-like behavior in rats.
Brain Res. 2015, 1616:88-100.


神山 秀一,小田 浩之,平出 幸子,鹿内 浩樹,川本 由加里,後藤 仁和,富樫 廣子,合田 由紀子
ケタミン使用動向からみた当院緩和ケアチームのがん性痛マネジメントの変遷
日本ペインクリニック学会誌 日本ペインクリニック学会 2014, 21:499-505.


Inoue S, Shikanai H, Matsumoto M, Hiraide S, Saito Y, Yanagawa Y, Yoshioka M, Shimamura K, Togashi H.
Metaplastic regulation of the median raphe nucleus via serotonin 5-HT1A receptor on hippocampal synaptic plasticity is associated with gender-specific emotional expression in rats
J Pharmacol Sciences 2014, 124(3):394-407.


Yanagawa Y, Hiraide S, Matsumoto M, Shimamura K, Togashi H.
Enhanced transglutaminase 2 expression in response to stress-related catecholamines in macrophages.
Immunobiology 2014, 219:680-686.


鹿内 浩樹
ストレスは室傍核を刺激する-抑制性シナプスにおける長期増強現象-
ファルマシア 2014, 50(2):170


Shikanai H, Hiraide S, Kamiyama H, Kiya T, Oda K, Goto Y, Yanagawa Y, Shimamura K, Goda Y, Togashi H
Subanalgesic ketamine enhances morphine-induced antinociceptive activity without cortical dysfunction in rats
J Anesthesia 2013, 28(3):390-398.


Shikanai H, Kimura S, Togashi H
Early life stress affects the serotonergic system underlying emotional regulation.
Biol Pharm Bull. 2013, 36(9):1392-1395.


Kimura S, Hiraide S, Shikanai H, Ohashi A, Matsumoto M, Togashi H, Minami M, Saito S, Parvez H, Shimamura K
Dopaminergic modulation of synaptic plasticity in the prefrontal cortex of attention-deficit/hyperactivity disorder model rats
Biogenic Amines. 2012. in press


Shikanai H, Yoshida T, Konno K, Yamasaki M, Izumi T, Ohmura Y, Watanabe M, Yoshioka M.
Distinct neurochemical and functional properties of GAD67-containing 5-HT neurons in the rat dorsal raphe nucleus.
J Neurosci. 2012, 32(41):14415–14426.


Saito Y, Matsumoto M, Otani S, Yanagawa Y, Hiraide S, Ishikawa S, Kimura S, Shimamura K, Togashi H.
Phase-dependent synaptic changes in the hippocampal CA1 field underlying extinction processes in freely moving rats.
Neurobiology of Learning and Memory. 2012, 97:361-369.


Ishikawa S, Saito Y, Yanagawa Y, Otani S, Hiraide S, Shimamura K, Matsumoto M, Togashi H.
Early postnatal stress alters extracellular signal-regulated kinase signaling in the corticolimbic system modulating emotional circuitry in adult rats.
Eur J Neurosci. 2012, 35:135-145.


Kimura S, Saito Y, Ohashi A, Matsumoto M, Togashi H, Minami M, Saito H, Parvez H, Shimamura K.
Attenuation of 5-HT1A regulation in medial prefrontal cortex GABA system of early postnatal-stressed rats
Biogenic Amines. 2011, 25(4):101-111.


Kimura S, Togashi H, Matsumoto M, Shiozawa T, Ishida J, Kano S, Ohashi A, Ishikawa S, Yamaguchi T, Yoshioka M, Shimamura K.
Serotonin (1A) receptor- mediated synaptic response in the rat medial prefrontal cortex is altered by early life stress: in vivo and in vitro electrophysiological studies.
Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi. 2011, 31:9-15.


Kamiyama H, Matsumoto M, Otani S, Kimura SI, Shimamura KI, Ishikawa S, Yanagawa Y, Togashi H.
Mechanisms underlying ketamine-induced synaptic depression in rat hippocampus-medial prefrontal cortex pathway.
Neuroscience. 2011, 177:159-169.


Judo C, Matsumoto M, Yamazaki D, Hiraide S, Yanagawa Y, Kimura S, Shimamura K, Togashi H.
Early stress exposure impairs synaptic potentiation in the rat medial prefrontal cortex underlying contextual fear extinction.
Neuroscience. 2010, 169:1705-1714.


Shikanai H, Izumi T, Matsumoto M, Togashi H, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M.
Diazepam-induced increases of synaptic efficacy in the hippocampal-medial prefrontal cortex pathway are associated with its anxiolytic-like effect in rats.
J Pharmacol Sci. 2010, 114:341-346.


Shimamura K, Noro N, Goto R, Katada S, Kimura S, Ohashi A, Minami M, Parvez H.
Hydrogen sulfide increases spontaneous contraction of rat portal vein via capsaicin-sensitive nerves.
Biogenic Amines, 2008


Matsumoto M, Shikanai H, Togashi H, Izumi T, Kitta T, Hirata R, Yamaguchi T, Yoshioka M.
Characterization of clozapine-induced changes in synaptic plasticity in the hippocampal-mPFC pathway of anesthetized rats.
Brain Res. 2008, 1195:50-55.


Kimura S, Ohashi A, Tohse N, Kitamura K, Shimamura K.
L-Arginine-induced current in portal venous smooth muscle cells.
J Smooth Muscle Res. 2007, 43:109-116.

研究概要

<研究内容について>

我々ヒトが日常的に感じる「不安・恐怖・気分の落ち込み」や「喜び・気分の高揚といった快情動」、「注意・衝動性制御を含む認知機能」などの精神機能は、脳によって制御されています。すなわち、何らかの原因で脳に機能的な異常が生じると、様々な精神疾患が引き起こされるということが容易に想像できると思います。薬理学講座(臨床薬理毒理学教室)は、2017年度から各種精神疾患の発症メカニズムと、それらの治療薬の作用機序解明に向けた医学・薬学基礎研究を進めています。具体的な研究テーマとしては、以下のものが挙げられます。

1.恐怖条件付けモデルを用いた不安情動の研究

2.慢性ストレスモデルを用いた気分障害(うつ病)の病態の研究

3.注意欠如・多動症(AD/HD)モデル動物を用いた新規AD/HD治療薬の探索(こちらも参照ください)

4.縫線核セロトニン作動性神経の多様性に関する研究

 これらの研究テーマを、行動薬理学的手法・神経解剖学的手法・電気生理学的手法・生化学的手法を複合的に用いて取り組んでいます。また、ウイルスベクターを用いた遺伝子導入法をベースとして、光遺伝学や薬理遺伝学的手法などの新しい技術の導入につとめており、精神医学・神経科学分野での最先端の研究を進めています。少しでも興味を持った学生は、是非研究室を訪問してみてください。教員スタッフが適宜対応します。

 

<学会発表業績>

2024年(令和6年度)

  • Shikanai H, Suzuki N, Shinozuka S, Isshiki T, Hiraide S, Iizuka K, Izumi T, Yamaguchi T: Effects of atomoxetine on the mPFC of SHRSP/Ezo as an ADHD animal model. 35th WORLD CONGRESS World Congress Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum, Tokyo, Japan (23~26 May 2024)

 

2023年(令和5年度)

  • 尾崎 和音、鹿内 浩樹、馬渕 莉穂、進藤 つぐみ、大橋 敦子、泉 剛:海馬オレキシン受容体によるうつ様行動の制御、日本薬学会北海道支部第150回例会、札幌(20~21 May 2023)※現地開催
  • 鹿内 浩樹:注意欠如・多動症の病態生理解明と新規治療薬開発に向けた創薬研究、日本薬学会北海道支部第150回例会、札幌(20~21 May 2023)※現地開催 奨励賞受賞記念講演
  • 尾崎 和音、鹿内 浩樹、篠塚 賢志、馬渕 莉穂、進藤 つぐみ、大橋 敦子、泉 剛:海馬におけるオレキシン受容体の発現と情動制御機能、第36回北海道薬物作用談話会、札幌(20 August 2023)※オンサイト開催
  • 鹿内 浩樹、進藤 つぐみ、尾崎 和音、大橋 敦子、大塚 郁夫、菱本 明豊、泉 剛:うつ病モデル動物における海馬テロメアの異常短縮、第97回日本薬理学会年会、神戸(14~16 December 2023)※オンサイト開催

 

2022年(令和4年度)

  • 泉 剛、今野 幸太郎、渡辺 雅彦、田中 謙二、鹿内 浩樹:SSRIの抗不安作用の機序―脳内セロトニン神経系について、第14回日本不安症学会学術大会、東京(21 May 2022)シンポジスト※ハイブリッド開催
  • 日下 翔太、脇田 征太朗、進藤 つぐみ、尾崎 和音、鹿内 浩樹、大橋 敦子、 泉 剛:うつ病モデル動物の海馬におけるGSK3β – β-cateninシグナルの異常解析、日本薬学会北海道支部第149回例会、札幌(21 May 2022)※オンライン開催
  • 葛西 里菜、鹿内 浩樹、日下 翔太、進藤 つぐみ、大橋 敦子、泉 剛: うつ病モデル動物の恐怖記憶消去障害に対するリルゾールの効果、日本薬学会北海道支部第149回例会、札幌(21 May 2022)※オンライン開催
  • 馬渕 莉穂、鹿内 浩樹、進藤 つぐみ、沓村 美幸、大橋 敦子、泉 剛:うつ様行動における海馬オレキシン受容体の役割、日本薬学会北海道支部第149回例会、札幌(21 May 2022)※オンライン開催
  • 中井 慎一、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:うつ病モデル動物の大脳辺縁系における下垂体ホルモン受容体mRNA発現解析、日本薬学会北海道支部第149回例会、札幌(21 May 2022)※オンライン開催
  • 尾崎和音、進藤 つぐみ、日下翔太、脇田 征太朗、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:幼若期ストレス負荷うつ病モデル動物の脳内 GSK3β/β-cateninシグナルの異常、第35回北海道薬物作用談話会、札幌(21 August 2022)※オンサイト開催
  • 鹿内 浩樹、進藤 つぐみ、尾崎 和音、馬渕 莉穂、中井 慎一、大橋 敦子、泉 剛:うつ病における海馬オレキシン受容体の関与、第73回日本薬理学会北部会、札幌(18 September 2022)※ハイブリッド開催
  • 鹿内 浩樹、進藤 つぐみ、尾崎 和音、大橋 敦子、大塚 郁夫、朴 秀賢、菱本 明豊、泉 剛:うつ病モデル動物におけるテロメア、第52回日本神経精神薬理学会年会(第44回日本生物学的精神医学会年会・第32回日本臨床精神神経薬理学会年会・第6回日本精神薬学会総会合同開催:BPCNPNPPP2022)、東京(4~6 November 2022)シンポジスト※ハイブリッド開催
  • 鹿内 浩樹、進藤 つぐみ、平出 幸子、木村 真一、飯塚 健治、泉 剛:AD/HDの薬物治療の新しい戦略  -New drug treatment strategies for AD/HD-、第96回日本薬理学会年会(JPW2022)ワークショップ3「脳機能を多角的に理解する~分子・形態・行動の統合」、横浜 (30 November~ 3 December 2022) 座長兼シンポジスト※オンサイト開催
  • 進藤 つぐみ、脇田 征太朗、寺崎 将、鹿内 浩樹、尾崎 和音、大橋 敦子、泉 剛: 幼若期ストレス負荷うつ病モデル動物の脳機能発達における遺伝子発現の異常、日本薬学会第143年会、札幌(26~28 March 2023)※ハイブリッド開催
  • 藤本 萌友香、鹿内 浩樹、進藤 つぐみ、尾崎 和音、大橋 敦子、泉 剛:幼若期ストレス負荷雌性ラットにおける中枢セロトニン神経系の異常解析、日本薬学会第143年会、札幌(26~28 March 2023)※ハイブリッド開催
  • 尾崎 和音、進藤 つぐみ、馬渕 莉穂、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:情動制御機能における海馬オレキシン受容体の機能的役割、日本薬学会第143年会、札幌(26~28 March 2023)※ハイブリッド開催

 

2021年(令和3年度)

  • 進藤 つぐみ、鹿内 浩樹、高津 誠也、大橋 敦子、泉 剛:うつ病モデル動物における前頭前野および皮質辺縁系 Akt シグナルの異常、日本薬学会北海道支部第148回例会、札幌(22 May 2021)※オンライン開催
  • 進藤 つぐみ、鹿内 浩樹、高津 誠也、脇田 征太朗、泉 剛:うつ病モデル動物における脳内Akt-mTOR シグナルの異常、第51回日本神経精神薬理学会(第43回日本生物学的精神医学会と合同開催)京都(14~16 July 2021)※ハイブリッド開催
  • 進藤 つぐみ、鹿内 浩樹、高津 誠也、脇田 征太朗、泉 剛:うつ病モデル動物における脳内Akt-mTOR/GSK-3β シグナルの異常、次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2021、札幌(28 August 2021)※ハイブリッド開催
  • 進藤 つぐみ、脇田 征太朗、尾崎 和音、高津 誠也、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:うつ病モデル動物の脳内 Akt-mTOR および GSK3β系の異常解析、第34回北海道薬物作用談話会、札幌(11 September 2021)※オンライン開催

 

2020年(令和2年度)

  • 高津 誠也、中村 友一、安西 萌、渡會 明希、平野 匡祐、小林 奈々華、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:幼若期ストレス負荷うつ病モデル動物における大脳辺縁系 mTOR シグナル異常の解析、日本薬学会北海道支部第147回例会、札幌(23 May 2020)※誌上開催
  • 渡曾 明希、鹿内 浩樹、高津 誠也、相山 友里奈、折 隆行、平出 幸子、大橋 敦子、飯塚 健治、泉 剛:注意欠如/多動性障害モデル動物における脳内D-セリン系関連分子の解析、日本薬学会北海道支部第147回例会、札幌(23 May 2020)※誌上開催
  • 山日 祐平、大槻 明日香、竹村 惇志、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:反復拘束ストレス負荷うつ病モデルにおける扁桃体 FKBP5 発現神経の解剖学的特性解析、日本薬学会北海道支部第147回例会、札幌(23 May 2020)※誌上開催
  • 鹿内 浩樹、進藤 つぐみ、平出 幸子、飯塚 健治、泉 剛:D-アミノ酸酸化酵素阻害薬の前頭前野局所投与は、SHRSP/EzoのAD/HD様行動を改善する、第94回薬理学会年会、札幌(8~10 March 2021)※ハイブリッド開催

 

2019年(平成31年度-令和元年度)

  • 平野 匡祐、鹿内 浩樹、大橋 敦子、菱本 明豊、泉 剛:うつ病モデル動物における脳内テロメアーゼの発現、第66回北海道薬学大会、札幌(18~19 May 2019)
  • 平出 幸子、鹿内 浩樹、鈴木 直哉、山口 拓、富樫 廣子、吉岡 充弘、泉 剛、飯塚 健治:注意欠如・多動性障害モデルの前頭前皮質機能に関する電気生理および神経化学的評価、第14回トランスポーター研究会年会、札幌(20~21 July 2019)
  • 鹿内 浩樹、山日 祐平、安西 萌、竹村 惇志、泉 剛:うつ病モデル動物の海馬および扁桃体におけるFKBP5の発現、次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2019、東京(31 August 2019)
  • 鹿内 浩樹、山日 祐平、安西 萌、竹村 惇志、吉岡 充弘、泉 剛:反復拘束ストレス負荷うつ病モデル動物の辺縁系におけるFKBP5の発現変化、第70回日本薬理学会北部会、札幌(20 September 2019)
  • 鹿内 浩樹、Rebel Ghebreab、吉田 隆行、菱本 明豊、吉岡 充弘、泉 剛:うつ病モデル動物における扁桃体FKBP5の発現様式、第49回日本神経精神薬理学会(第6回アジア神経精神薬理学会・第29回日本臨床精神神経薬理学会 合同開催)、福岡(11~13 October 2019) 一般演題 奨励賞受賞
  • T. IZUMI, K. KONNO, M. WATANABE, K. TANAKA, T. YOSHIDA, H. SHIKANAI, M. YOSHIOKA:SSRI exerts anxiolytic action via 5-HT1A and 5-HT2A receptors in the amygdala, the 49th Annual Meeting of the Society for Neuroscience, Chicago IL USA (19~23 October 2019)
  • 大島 伸宏、鹿内 浩樹、亀山 裕司、北浦 廣剛、秋澤 宏行:111In-DTPA-L-Phe−1-Asp0-D-Phe1-octreotide の担がんマウスにおける体内動態の評価、日本薬学会第140年会、京都(※誌上開催 5 March 2020 抄録公開)
  • 鹿内 浩樹、渡曾 明希、相山 友里奈、大島 伸宏、平出 幸子、飯塚 健治、泉 剛:注意欠如/多動性障害モデル動物SHRSP/Ezoの辺縁系D-セリン系の機能異常、日本薬学会第140年会、京都(※誌上開催 5 March 2020 抄録公開)
  • 中上 詩穂、大島 伸宏、鹿内 浩樹、斯波 将司、中川原 諒、山本 亘汰、斉藤 諒、北浦 廣剛、秋澤 宏行:Theranostics への応用を目指した 111In-1B4M-DTPA (tiuxetan) 結合オクトレオチド誘導体の in vitro 腫瘍集積性および体内動態の評価、日本薬学会第140年会、京都(※誌上開催 5 March 2020 抄録公開)

 

2018年(平成30年度)

  • 瀬田 航介、園生 裕介、沼里 奈央子、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:恐怖条件付けの発現により活性化される扁桃体基底外側核GABA作動性ニューロンの検討、第65回北海道薬学大会、札幌(12~13 May 2018)
  • 園生 裕介、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:神経型NOS含有5-HTニューロンの生理学的機能の解明、第65回北海道薬学大会、札幌(12~13 May 2018)
  • 沼里 奈央子、瀬田 航介、園生 裕介、鹿内 浩樹、大橋 敦子、泉 剛:反復拘束ストレスによる脳内FKBP5の変化、第65回北海道薬学大会、札幌(12~13 May 2018)学生優秀ポスター賞受賞
  • Shikanai H, Oshima N, Kawashima H, Kimura S, Hiraide S, Iizuka K, Izumi T.Involvement of glycine binding site of NMDA receptor in the prefrontal cortex of SHRSP/Ezo as an AD/HD animal model.the 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Kyoto, Japan (1~6 July 2018)
  • Izumi T, Ghebreab R, Wang C, Yoshida T, Shikanai H, Hishimoto A, Yoshioka M. The role of the brain FKBP5 in depression. the 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Kyoto, Japan (1~6 July 2018)
  • 鹿内 浩樹、園生 裕介、Trevor Sharp、泉 剛:背側縫線核nNOS含有5-HT神経の生理学的特性解析、次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2018、福岡(25 August 2018)
  • 鹿内 浩樹:縫線核セロトニン神経の多様性 -トランスポーターによる分類-、第一回トランスポーター研究会北部会、札幌(22 December 2018)
  • 泉剛、今野幸太郎、渡辺雅彦、田中謙二、吉田隆行、鹿内浩樹、吉岡充弘:SSRIの標的分子としての扁桃体5-HT1Aおよび5-HT2A受容体、第92回日本薬理学会年会、大阪(14~16 March 2019)
  • 鹿内 浩樹、園生 裕介, 大橋 敦子、泉 剛:nNOS 含有 5-HT 神経細胞の情動調節機能、日本薬学会第139年会、千葉(20~23 March 2019)

 

2017年(平成29年度)

  • 鹿内浩樹、大島伸宏、河嶋秀和、平出幸子、木村真一、飯塚健治、大倉一枝、吉岡充弘、富樫廣子、島村佳一、泉剛:注意欠如/多動性障害における前頭前野NMDA受容体の機能異常とglycine結合部位の関与、第47回日本神経精神薬理学会・第39回日本生物学的精神医学会合同年会、札幌(28~30 September 2017)
  • 大島伸宏、亀山裕司、鹿内浩樹、北浦廣剛、秋澤宏行、大倉一枝:11In-DTPA-L-Phe-1-Asp0-D-Phe1-octreotideの正常マウスでの体内動態およびin vitro腫瘍集積性の評価、日本薬学会第138年会、金沢(26~28 March 2018)


2016年(平成28年度)

  • Senriuchi T, Hiraide S, Kimura S-I, Shikanai H, Yoshioka M, Togashi H, Iizuka K, Shimamura K-I: SHRSP/Ezo as attention deficit/hyperactiviy disorder animal model has the functinal deficit of excitatory synapse in the prefrontal cortex, the 17th international SHR symposium, Tokyo Japan (21~22 September 2016)

 

2015年(平成27年度)

  • 根深真央、鹿内浩樹、大橋敦子、島村佳一:内側前頭前野第V層錐体細胞の分類と5-HT1A受容体の性差の検討、第62回北海道薬学大会、札幌(16~17 May 2015)
  • 平田智子、鹿内浩樹、大橋敦子、島村佳一:社交性不安障害の神経基盤解明に向けた行動薬理学的検討、第62回北海道薬学大会、札幌(16~17 May 2015)
  • 山崎あや、鹿内浩樹、平出幸子、富樫廣子、島村佳一:発達臨界期の性ホルモン擾乱は成熟後皮質辺縁系セロトニン神経の異常を引き起こす、第62回北海道薬学大会、札幌(16~17 May 2015)
  • 鹿内浩樹、千里内啓行、平出幸子、今野幸太郎、木村真一、 大橋敦子、吉岡充弘、渡邊雅彦、富樫廣子、飯塚健治、島村佳一:注意欠如/多動性障害モデルにおける皮質前頭前野興奮性シナプスの機能形態学的異常、第66回日本薬理学会北部会、富山(18 September 2015)
  • 鹿内浩樹、千里内啓行、平出幸子、今野幸太郎、木村真一、吉岡充弘、渡邊雅彦、富樫廣子、飯塚健治、島村佳一:前頭前野における興奮性シナプスに着目した注意欠如/多動性障害の神経基盤解析、第45回日本神経精神薬理学会、東京(24~26 September 2015)
  • H SHIKANAI, S. HIRAIDE, S. INOUE, M. NEBUKA, A. OHASHI, K. IIZUKA, H. TOGASHI, K.-I. SHIMAMURA:The disturbance of gonadal hormone during the critical period induces monoaminergic abnormality on the limbic system of adult rats, the 45th Annual Meeting of the Society for Neuroscience, Chicago IL USA (17~21 October 2015)
  • 鹿内浩樹、平出幸子、根深真央、山崎あや、井上純孝、大橋敦子、飯塚健治、吉岡充弘、富樫廣子、島村佳一:発達感受期の性ホルモン擾乱は皮質辺縁系におけるセロトニン神経の正常発達を阻害する、第89回日本薬理学会年会、横浜(9~11 March 2016)


2014年(平成26年度)

  • 鹿内浩樹、松崎広和、井上純孝、平出幸子、柳川芳毅、吉岡充弘、島村佳一、富樫廣子:情動応答における性差に及ぼす発達臨界期の情動ストレスと性ホルモンの影響、第44回日本神経精神薬理学会、名古屋(20~ 22 November 2014)
  • 鹿内浩樹、井上純孝、山崎あや、根深真央、平田智子、平出幸子、富樫廣子、島村佳一:発達臨界期の性ホルモン擾乱が引き起こす成熟後皮質辺縁系モノアミン神経の異常、日本薬学会第135年会、神戸(25~28 March 2015)

 

2013年(平成25年度)

  • 木谷司、神山秀一、松本真知子、平出幸子、井上純孝、柳川芳毅、鹿内浩樹、島村佳一、小田浩之、後藤仁和、岩井新治、合田由紀子、富樫廣子:鎮痛補助薬ケタミンに関する実験的研究、第60回北海道薬学大会、札幌(18~19 May 2013)
  • 井上純孝、松本真知子、鹿内浩樹、平出幸子、齋藤靖弘、柳川芳毅、島村佳一、富樫廣子:情動ストレス応答における性差と正中縫線核-海馬セロトニン神経系、第64回日本薬理学会北部会、旭川(13 September 2013)
  • 神山秀一、鹿内浩樹、松本真知子、木谷司、平出幸子、柳川芳毅、後藤仁和、小田浩之、合田由紀子、島村佳一、富樫廣子:鎮痛補助薬ケタミンの鎮痛効果増強作用と皮質機能への影響、第64回日本薬理学会北部会、旭川(13 September 2013)
  • 井上純孝、松本真知子、鹿内浩樹、平出幸子、齋藤靖弘、柳川芳毅、島村佳一、富樫廣子:情動調節における性差と海馬シナプス可塑性、第43回日本神経精神薬理学会、沖縄(24~26 October 2013)
  • 鹿内浩樹、平出幸子、神山秀一、後藤仁和、小田浩之、合田由紀子、島村佳一、富樫廣子:低用量ケタミンは大脳皮質機能抑制作用を起こさずにモルヒネの鎮痛効果を増強する、第43回日本神経精神薬理学会、沖縄(24~26 October 2013)
  • 井上純孝、鹿内浩樹、松本眞知子、平出幸子、栁川芳毅、齋藤靖弘、島村佳一、富樫廣子:情動ストレス調節におけるセロトニン神経系の性差、第87回日本薬理学会年会、仙台(19~21 March 2014)
  • 井上純孝、松本眞知子、鹿内浩樹、栁川芳毅、平出幸子、齋藤靖弘、島村佳一、富樫廣子:情動ストレス応答における性差の神経科学的基盤、日本薬学会第134年会、熊本 (27~30 March 2014)
  • 鹿内浩樹、平出幸子、神山秀一、後藤仁和、小田浩之、合田由紀子、島村佳一、富樫 廣子:低用量ケタミンの鎮痛補助薬としての有用性、日本薬学会第134年会、熊本 (27~30 March 2014)