1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. 薬学部 薬学科

高度化する医療を支える、
薬のプロフェッショナルへ。

臨床能力を高める、附属施設とリアルな実習室。

北海道医療大学病院と地域包括ケアセンターを、実習の場として活用しています。附属施設で実際のチーム医療を体験できるのは、医療系総合大学のメリットです。また、学外実習がはじまる前には、調剤室や模擬薬局などリアルな設備がある薬学臨床実習室で、学んだ知識や技術を繰り返しトレーニング。自信をつけてから実習に臨む、体系的な実習体制です。

薬学臨床実習室にある無菌製剤室で、点滴の調剤をトレーニング。

模擬患者さんとの医療面接を通して、コミュニケーション能力を高める。

チーム医療の現場では、患者さんや他職種とのコミュニケーションがとても重要です。そのため、地元・当別町の方々が患者さん役として協力する医療面接など、コミュニケーション能力を高める独自の演習・実習を数多く行っています。豊かな人間性と高い倫理観を持ち、地域医療や福祉などニーズが高まる分野で活躍できる高度な薬剤師を育成します。

医療面接では、地域住民が患者さん役として協力。

附属施設や関連施設で、地域医療や福祉の分野を体験。

薬局の中で働くイメージが強かった薬剤師ですが、これからの時代で必要とされるのは、地域医療や福祉の現場など、薬局の外で活躍できる能力です。そのため、在宅ケアを実践する地域包括ケアセンターや、卒業生が理事長を務める社会福祉法人ゆうゆうなどでも実習を実施。保健・医療・福祉の多彩な分野を経験し、高い実践力を身につけます。

福祉施設を訪問し、障がいのある子どもと接する機会も。

海外提携大学で研修を実施。留学生との交流も。

教育や研究の分野でも国際的な役割を果たせる薬剤師を養成するために、海外の大学で研修活動を行っています。研修先は、カナダのアルバータ大学、台湾の台北医学大学などで、学年を問わず参加することができます。また、海外からの留学生受入れも継続的に実施。大学・医療施設見学への同行や通訳などは、在学生が中心に行っています。

グローバルな視野を得ることができる医療研修(台北医科大学 病院薬剤部)。

道内私大第1位の新卒合格率。国家試験対策も苦手科目もフォロー。

国家試験対策を徹底しており、2019年の薬剤師国家試験では、道内の私立大学で第1位となる90.6%の新卒合格率を達成しました。高校で履修していなかった科目や苦手科目も補正授業や入学前教育でフォローするので安心。個別の質問に教員が応じる薬学教育支援室を設置するなど、手厚い支援体制で一人ひとりの学びを支えています。

少人数クラスの担任制で、学習面も生活面もサポート。