1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. 薬学部 薬学科

高度化する医療を支える、
薬のプロフェッショナルへ。

チーム医療、地域医療、福祉。幅広い分野で活躍できる薬剤師へ。

これからの薬剤師に必要なのは、チーム医療、地域医療、福祉の現場などで活躍できる能力です。そのため、附属施設の地域包括ケアセンターや、関連施設の社会福祉法人ゆうゆうでも実習を実施。さらに、災害医療、スポーツ薬学、手話コミュニケーションまで幅広い分野をカバー。高度化、多様化する社会的ニーズに応えられる薬剤師を育成します。

福祉施設を訪問し、障がいのある子どもたちと接する機会も。

附属病院とリアルな実習室で、高い臨床能力を身につける。

札幌あいの里キャンパスの北海道医療大学病院を実習の場として活用。薬剤師の現場である附属施設で実際の業務を経験できるのは、医療系総合大学ならではのメリットです。また、学外実習前には調剤室や模擬薬局などを備えた薬学臨床実習室で、学んだ技術を繰り返しトレーニング。自信をつけてから実習に臨む、体系的な実習体制を整えています。

薬学臨床実習室にある無菌製剤室で、点滴の調剤をトレーニング。

模擬患者との医療面接演習など、コミュニケーションを重視。

チーム医療の現場では、患者さんや他職種とのコミュニケーションが重要です。本学では、地域住民の方々が患者さん役として協力する医療面接など、コミュニケーション能力を高める独自の演習・実習を数多く実施し、海外提携大学での研修や留学生との交流も充実。高いコミュニケーション能力に加えて、幅広い視野と豊かな人間性も身につけます。

医療面接演習では、地域住民の方々が患者さん役として協力。

新卒合格率は道内私立大学で第1位。苦手科目もきめ細かくフォロー。

国家試験対策を徹底しており、2020年の薬剤師国家試験では、道内の私立大学で第1位となる90.5%の新卒合格率を達成しました。高校で履修していなかった科目や苦手科目があっても、入学前教育や補正授業でフォローします。さらに、個別の質問に教員が応じる薬学教育支援室も設置するなど手厚い指導体制で、一人ひとりの学びを支えています。

少人数クラスの担任制で、学習面も生活面もサポート。