歯学部 歯学科 歯学部 歯学科 歯学部 歯学科

歯学部歯学科

  1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. 歯学部 歯学科

豊かな教養と人間性で地域社会に貢献できる
歯科医師を育成します。

臨床実習は、病院に加え、さまざまな福祉施設や
訪問診療の現場、海外提携大学でも行います。

高齢化に伴い、歯科領域でも「チーム医療」「在宅医療」が重要になりました。歯科医師には、地域社会で多職種と連携しながら専門性を発揮することが期待されています。本学科では、歯科に関する専門性を深めることはもちろん、「看護福祉概論」「リハビリテーション科学概論」など学部学科の枠を越えた科目を履修するなど、保健・医療・福祉を幅広く学ぶカリキュラムを展開しています。臨床実習は、学外の高齢者施設や障がい者施設、訪問診療の現場、海外提携大学などでも実施。医療や福祉に携わる多彩な専門職とコミュニケーションをはかる機会を設けるなど、これからの時代に即応できる歯科医師を育成します。

福祉施設での実習の様子。

イエテボリ大学(スウェーデン)にて。

大学病院と歯科クリニック。
2つの附属医療機関でチーム医療を学びます。

当別キャンパス・歯学部棟直結の歯科クリニックと、札幌あいの里キャンパスの北海道医療大学病院では、多彩な医療スタッフが連携してチーム医療を推進。2つの附属医療機関は、1年次見学実習から5・6年次の臨床実習まで、本学科の実習の場としてもフル活用されています。

北海道医療大学病院
(札幌あいの里キャンパス)

最新システムとオリジナル教材で実践力強化を図ります。

人体に酷似したマネキンや、双方向マルチメディアシステムなどを備えたマルチメディア実習室をフル活用。現場に近い環境で、緻密な技術と診療の流れを体得できます。さらにオリジナルVTR、人工う蝕歯(虫歯)、麻酔モデルなど本学独自開発の教材で、実習効果をさらに高めます。

ヒト型患者ロボット「シムロイド」でコミュニケーション技術を学ぶ。

コミュニケーション力向上のために、地元住民の方々の協力も。

歯科医師としての態度や倫理観、コミュニケーション力を身につける科目を全学年に配置しています。4年次「歯科医療行動科学」では模擬患者として、5・6年次の臨床実習では実際の患者として当別町の住民の方々が協力。地域社会との強い信頼関係があるのも、本学ならではです。

人と関わる中で、医療人としての自覚とやりがいの実感へ。

国公立大学と同水準の学納金に。歯学部独自の奨学金制度。

本学では、夢に向かって学ぶ学生の意欲を支えるため、独自の奨学金制度を実施しています。そのなかに、歯学部特待奨学生制度があります。センター前期A入試と一般後期B入試にて実施しており、本学歯学部卒業までの学納金を、国公立大学と同水準としています。