1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. 心理科学部 臨床心理学科

科学的な視点から心理を学び、
人々の問題解決を支える職業人へ。

医療系総合大学の強みを生かし、公認心理師を養成。

公認心理師をめざすためには指定5分野での実習が必修ですが、本学科は設立時から、精神障害、発達障害の治療にあたる病院をはじめ、多彩な施設で実習を実施。札幌あいの里キャンパスに附属病院があることも、本学の大きな強みです。さらに、必修科目に加え、遺伝学や内科学など、医療系総合大学ならではのカリキュラムを展開。受験資格取得に対応した大学院までの一貫した教育体制です。

文系・理系の枠を越えて、実践的な心理学を学ぶ。

文系・理系の枠を越えて、心の問題に科学的に迫ります。医療系総合大学の教育資源を生かし、認知科学や行動科学など、心と身体を対応させながら学ぶカリキュラム。医療現場での心理的援助を意識して、医科学系の科目も多数開講しています。保健・医療・福祉はもちろん、公務員、教育、一般企業まで、幅広い分野で生かせる実践的な心理学を学びます。

検査や実験のデータをもとに、人間の心を科学的に分析。

キャリア教育が充実。心理学を多彩な分野で生かす。

学んだ専門性を、個性や適性に応じた就職に結びつけられるように、キャリア教育に力を入れています。多彩な分野で活躍する卒業生や、一般企業などでキャリアカウンセリングを行う外部講師を招き、グループワークを行うことも。自己理解を深めながら将来のイメージを広げ、就職活動に役立つスキルや、卒業後も必要なコミュニケーション能力も身につけます。

自己分析、目標設定から就職活動までを継続的にフォロー。

データ分析やレポート作成など、ICTの力を身につける。

心理検査・実験のデータ分析やレポート作成には、必携としているノートパソコンを活用します。4年間の学びを通して身につくのは、インターネットや文書作成、表計算、プレゼンテーションツールの活用法から、実験用プログラムの作成、実験機器の制御、画像・音声編集まで。どの分野に就職しても生かせる、ICT(情報通信技術)能力を習得します。

社会のどの分野でも生かせる能力が、自然と身につく4年間。