リハビリテーション科学部 理学療法学科 リハビリテーション科学部 理学療法学科 リハビリテーション科学部 理学療法学科

リハビリテーション科学部理学療法学科

  1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. リハビリテーション科学部 理学療法学科

高いコミュニケーション能力で
チーム医療を実践できる理学療法士を育成します。

他学部と連携した多職種連携教育、医学系科目が充実。

人体の機能や構造などの知識を身につける医学系科目は、他学部でも基礎医学科目の講義や演習を担当する教授陣から学びます。また、チーム医療、多職種連携を学ぶ「全学教育科目」など、医療系総合大学ならではの教育資源を生かした独自科目が充実しています。

看護学科、作業療法学科と行うグループワーク。

地域住民と多く触れ合い、コミュニケーション力を磨きます。

医療人としてコミュニケーション力を身につけるための科目はもちろん、高齢者や障がいのある方々と接する機会も多数設けています。介護する方や障がいのある方と接し、その生活や障がいへの理解を深め、リハビリテーション専門職が果たす役割についての学びを深めます。

学外の授業では、地域で介護を支援する方の話を聞く機会も。

面接の技法や退院後の生活支援を地域の協力で学びます。

障がいがある方々の支援をめざし、在宅医療や保健分野についても学びます。地域社会での健康支援活動などへ積極的に参加し、住民の方々や保健師、看護師、福祉専門職などと接する機会を通して、チームで取り組む大切さを学びます。これからの、地域社会の発展に貢献できる能力を育成します。

他学部でも実施されている地域住民協力の医療面接演習。

自分の興味を深く追求。
先輩・後輩のつながりも深い少人数制ゼミナール。

3年次から行われる10名前後の少人数制ゼミナール。小児リハビリテーション、基礎医学など幅広い領域から自分の興味ある分野を選択し、研究の基礎を学びます。ゼミ内の先輩・後輩のつながりも強く、実習・研究のポイントから国家試験対策まで、密に連携を取りながら学ぶ体制です。

栄養学ベースのリハビリテーションを研究する澤田ゼミ。

医療機関のほか、保健・福祉施設でも臨床実習を実施。

病院以外に、高齢者福祉施設や障がい者福祉施設など多様な施設で実習を行い、地域医療に貢献できる高い実践力を身につけます。また、医・歯・薬学部などで義務づけられている実技テストOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)形式の演習を導入するなど、学内の事前指導も徹底しています。

実習の効果を高めるため、細かく事前指導。

バリアフリーラボなど、業界からも注目を集める充実の施設・設備。

理学療法学科で使用する実習室には、最新の設備を導入。特に中央講義棟にあるバリアフリーラボは、医療・福祉業界からも注目を集める施設です。自由に付け替えのできる手すりや、ガラス張りのトイレ・浴槽などの設備から高齢者や障がい者の視点を学び、その生活を考えます。

医療大の魅力に、施設・設備の充実をあげる学生も多数。