1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. リハビリテーション科学部 理学療法学科

確かな技術と倫理観を磨き、
患者さんの社会参加を
支援する理学療法士へ。

他学部と連携した、医学系科目、多職種連携科目。

人体の機能や構造など理学療法の基盤となる知識は、基礎医学に精通した各学部の教授陣から学びます。他学部との合同科目で多職種理解を深められるのも、医療系総合大学ならではのメリットです。また、保健・医療・福祉はもちろん、スポーツ、研究、行政など、多彩な分野で活躍してきた教員が揃っているため、幅広い領域を学ぶことができます。

看護福祉学部と学部合同で行うグループワーク。

病院から地域社会まで、幅広い分野で実践力を高める。

学外実習は、病院、高齢者施設、障がい者施設など多様な現場で行い、地域の健康支援活動などにも参加。幅広い分野で、チーム医療、地域医療を実践的に学びます。また、地域住民が患者さん役として協力する医療面接演習や、臨床技能や態度を評価するOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)形式の演習など、学内での実習前指導も徹底しています。

地域住民と触れ合うことで、健康を支援する専門職の自覚も芽生えます。。

スポーツ理学療法の最新設備や、業界注目のバリアフリーラボ。

スポーツリハビリテーションを学ぶ環境が充実。特殊カメラで身体の動きを分析する三次元動作分析システム、骨や筋肉、神経の状態を調べる超音波検査装置など高度な設備を導入しています。また、自由に付け替えられる手すりや、ガラス張りのトイレ・浴槽などを備えたバリアフリーラボも、医療・福祉業界から注目されている先進的な施設です。

超音波検査装置など、先進的な施設・設備を導入。

研究活動から国家試験対策まで、少人数制ゼミで手厚く指導。

3年次からはじまるゼミナールは、10名前後の少人数制。興味のある分野を選択し、教員の指導のもとで研究活動を行います。その質はとても高く、学会発表をした学生、学会誌に研究論文が掲載された学生もいます。また、先輩・後輩のつながりも強く、授業や実習に関する情報共有から国家試験対策まで、ゼミ生同士で連携しながら学びを深めています。

小島悟教授のゼミでは、運動学ベースのリハビリテーションを研究。