1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. 看護福祉学部 看護学科

チーム医療を担い、
自律性の高い看護師へ。

看護と福祉をしっかりとらえ、チーム医療を担う人材を育成。

全国で初めて看護と福祉を融合した看護福祉学部のなかにある本学科。臨床福祉学科との共通科目ではヒューマンケアの心を学び、全学部学科の学生で議論を行う多職種連携科目では、それぞれの専門職への理解を深め、チーム医療に必要な幅広い視野を育てます。

多職種連携の形態や、実際のチームマネージメントについて学びます。授業以外の場でもお互いの職種について語る学生も。

思考力と応用力を重視、“考える看護”を学ぶ独自のカリキュラム。

1年後期から3年前期まで事例を取り入れた演習を実施。思考力や応用力を身につけて臨地実習に臨み、より高い実習効果をめざします。さらに、地域の方々に模擬患者として協力してもらうOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)形式の演習では、臨場感をもって実践力向上を図ります。

学内演習で看護技術を繰り返しトレーニング。

多くの経験を積むため、いろいろな総合病院を実習先として用意。

一つの病院だけではなく、いろいろな実習施設で多くのことを経験。それをもとに自ら考え、伝える力を身につけられるよう、本学科では臨地実習を充実させています。札幌市内を中心に、北海道大学病院、札幌医科大学附属病院、札幌厚生病院など、実習先を多数用意しています。

札幌市内を中心とした総合病院で実習を実施。

看護の道は性別不問、男子にも学びやすい環境が整備。

男子が比較的多く、入学しやすい看護学科として、これまで多くの男性看護師を輩出しています。他学部にも男子学生がたくさんいることもあり、「キャンパスで気後れすることもない」と男子も女子も性別に関係なく、のびのびと看護を学んでいます。

「男子数が多いのも医療大を選んだ理由の一つ」という在学生の声も多数。

専門看護師や認定看護師の資格取得に対応した教育環境。

大学院では、卓越した専門能力で看護の実践・教育・研究にあたる専門看護師(CNS)や、アメリカの上級実践看護師で日本でも注目が高まるナースプラクティショナー(NP)も養成。看護教員養成を目的とした科目も設置しています。また、北海道唯一の認定看護師(CN)教育機関も開設しています。