1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. 看護福祉学部 看護学科

チーム医療を担い、
自律性の高い看護師へ。

看護と福祉を統合し、チーム医療の担い手を育成。

全国で初めて看護と福祉を統合して開設された看護福祉学部。その中にある学科として、高い実践力でこれからの医療をリードする看護師を養成します。臨床福祉学科との共通科目でヒューマンケアの心を習得。他学部の仲間と議論しながら学ぶ多職種連携科目では、それぞれの専門職への理解を深め、チーム医療の担い手としての幅広い視野を身につけます。

学部学科の枠を越えて、チーム医療・多職種連携を学びます。

思考力・応用力を重視。“考える看護”を学ぶ。

多職種連携の中でリーダーシップを発揮し、進化し続ける看護師を養成するために、具体的な事例を取り入れ、思考力・応用力を高める演習を行っています。OSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を取り入れた演習では、地域住民の方々が模擬患者さんとして協力。独自のカリキュラムで考える力を身につけてから学外実習に臨み、より高い学修効果をめざします。

繰り返しトレーニングを行い、考える力を身につけます。

訪問看護や障がい児福祉など、多彩な現場を経験。

学外実習は、チーム医療、地域医療をリードする総合病院を中心に、全道各地の多彩な施設で実施。とくにニーズが高まる地域医療や福祉の分野での体験も充実しているのは、医療系総合大学ならではです。訪問看護ステーションも備えた本学の地域包括ケアセンターや、卒業生が理事長を務める社会福祉法人ゆうゆうの障がい児福祉施設でも実習を行っています。

多彩な分野で、看護師に求められる役割を幅広く体験。

看護の道は性別不問。男子も学びやすい環境。

本学の看護学科は、男子学生が比較的多いことも、大きな特色です。保健・医療・福祉の現場で男性看護師のニーズが高まり続ける中で、本学科はこれまで多くの男性看護師を輩出。性別に関係なく、のびのびと看護を学べる環境があります。さらに、本学は6学部9学科の医療系総合大学。他学部にも男子学生が多数在籍しており、気後れすることもありません。

入学理由として「男子の数が多い」を挙げる在学生も多数。

大学院では、CNSやNPも養成。ハイレベルな学習環境。

大学院では、卓越した専門能力で看護の実践・教育・研究にあたる専門看護師(CNS)や、アメリカの上級看護師で、日本でも注目が高まるナースプラクティショナー(NP)を養成。看護教員養成を目的とした科目も設置しています。また、北海道唯一の認定看護師(CN)教育機関も開設。キャリアアップをめざす看護師と接する機会は、大きな刺激となることでしょう。