1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. リハビリテーション科学部 言語聴覚療法学科

チーム医療の現場で高い臨床能力を
発揮できる言語聴覚士を育成します。

医学、歯学、心理学などの多様な視点から学ぶ言語聴覚療法。

身体科学や心理学と対応した言語聴覚療法の幅広い実践力を養うため、脳や神経科学領域から言語コミュニケーションを理解する科目のほか、医学、歯学、言語学、心理学などの科目も充実。教員には言語聴覚士をはじめ、耳鼻咽喉科や神経精神科の医師、歯科医師、言語学や音声科学の専門家などがそろい、ハイレベルな学びを展開します。

小児の言葉の遅れや理解の度合いを調べる検査。

「基礎人間科学」では医療人の基本である人体構造を理解。

患者さんや他職種とのコミュニケーションを磨く

言語聴覚士の基礎であるコミュニケーション能力向上のため、劇団の指導などを通して患者さんの心理に寄りそう技術を習得。さらに医療系総合大学の強みを生かした多職種連携論などで、医療人としてのコミュニケーションを磨きます。

実習での事例から最善のコミュニケーション法を考えます。

全国に先駆けOSCEを導入、自信をもって実習へ臨む。

臨床実習に向けて、検査技能や態度などを評価するOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を実施。弱点を克服し、実習現場で明確な目標をもって学べるよう、きめ細かく支援します。

検査技能に加えて態度やマナーも評価されるOSCE。

超高齢社会で広く活躍するリハビリ専門職。

言語聴覚士は、聞く・話す・食べるにかかわる障がいの評価や訓練を行う専門家。超高齢社会を迎え、活躍の場が大きく広がっています。20年以上にわたる養成実績が医療大の信頼の証です。

今後も求人数の増加が見込まれる専門職。

臨床現場を身近なものに大学病院をフル活用。

北海道医療大学病院には、言語聴覚治療室や全国的にも数少ない音声言語外来があります。本学科の教員が臨床活動においても使用。身近な臨床現場を活用して見学実習や、臨床実習直前の基礎実習などを行います。

音声言語外来で声帯の内視鏡映像を見学。