生体機能・病態学系 歯科放射線学

研究実績


中山英二
Imaging Diagnosis for Bone Invasion by Gingival Carcinoma of the Mandible: The Value and the Limitation.
論文(Japanese Dental Science Review 45: 23-30, 2009)


中山英二
A newly developed interventional sialendoscope for a completely non-surgical sialolithectomy using intracorporeal electrohydraulic lithotripsy.
論文(J Oral Maxillofac Surg. 65: 1402-1405, 2007)


大西 隆
超音波検査プローブの口腔内用多機能密着カバーの開発(2009年度シーズ発掘試験)


佐野友昭
放射線による被曝防護に関する研究(研究テーマ)

研究概要

唾液腺内視鏡下唾石摘出システムの開発
低侵襲で治療ができる唾液腺内視鏡を新開発し、唾液腺内視鏡下に唾石摘出するシステムを構築した。そのための超微細basket鉗子も試作している。現在、basket鉗子と破砕術を組み合わせてさらに侵襲の少ない方法を確立する基礎的な研究を行っている。
1. Nakayama E., Yuasa K., Beppu M., Kawazu T., Okamura K., Kanda S. Interventional sialendoscopy: a new  procedure for non-surgical insertion and a minimally invasive sialolithectomy. J Oral Maxillofac Surg. 61:1233-1236, 2003
2. Nakayama E., Okamura K., Mitsuyasu T., Kawazu T., Nakamura N., Nakamura S., Yoshiura K. A newly developed interventional sialendoscope for a completely non-surgical sialolithectomy using intracorporeal electrohydraulic lithotripsy. J Oral Maxillofac Surg. 65: 1402-1405, 2007
3. 中山英二 唾液腺内視鏡下唾石摘出システムの開発 北海道医療大学歯学雑誌 26: 61-70, 2007

顎顔面口腔領域の画像診断学的研究
 顎顔面口腔領域の様々な疾患の画像診断の正診率を向上するために有効な画像所見の抽出を行っている。とくに口腔悪性腫瘍、唾液腺疾患、顎関節疾患を主に行ってきた。
1. 中山英二、田畑 修、甲斐貞子、神田重信 学会賞(学術奨励賞 平成16年)受賞講演 顎関節症に対する顎関節造影透視法の診断的意義−とくに前後方向像の評価 日顎誌 18:27-29, 2006
2. Nakayama E. Imaging Diagnosis for Bone Invasion by Gingival Carcinoma of the Mandible: The Value and the Limitation. Japanese Dental Science Review 45: 23-30, 2009
3. 中山英二、大内知之、賀来 亨、柴田考典、有末 眞、永易裕樹、安彦善裕、上野 繭美、河津俊幸、吉浦一紀、浅香雄一郎、上田倫弘、山下徹郎、仲盛健治、平塚博義、針谷靖史、関口 隆 唾液腺腫瘍の画像診断について 口腔腫瘍 23: 59-68, 2011