生体機能・病態学系 歯科放射線学

沿革

1978/04歯学部設立と同時に講座開設。初代教授として筧 弘毅教授が就任した。
1980/04金子昌幸助教授が日本歯科大学から赴任した。
1982/04高野明助手が北海道大学理学部より入局した。
1984/03筧 弘毅教授が退任した。
1984/042代目教授として金子昌幸教授に就任した。細川洋一郎助手が入局した。
1985/04高野英明助手の講師への昇任があり、大西 隆助手が入局、同年10 月には日本歯科大学から小林光道助教授の赴任があった。細川洋一郎助手が北海道大学大学院へ入学した。
1992/03高野英明講師が退任して室蘭工業大学へ赴任した。
1992/04佐野友昭大学院生が助手として入局した。1993年4月から大西助手と佐野助手が講師に昇任した。同時に北海道大学歯学部から細川洋一郎助手が講師として戻った。
1997/03小林光道助教授が退任した。細川洋一郎講師が助教授に昇任した。
2006/09金子昌幸教授が逝去により退任した。
2007/073代目教授として中山英二教授が九州大学から就任した。
2008/03細川洋一郎助教授が退任して弘前大学へ赴任した。
2008/08杉浦一考助教が入局した。