薬理学(病態生理学)

概要

適切な薬物治療が行われるためには、病態メカニズムの解明とその理論的背景を明らかにすることが必要です。当研究室では、培養細胞(血管平滑筋細胞、血管内皮細胞や骨格筋細胞など)に対して擬似的な運動負荷や高血圧の状態を作り出す装置を用いてのメカニカルストレスに関する研究や、病態モデル動物を用いた抗がん剤による副作用発現メカニズムの解明とその対策に関する研究などを、薬理学、生化学あるいは分子生物学的な手法を用いて行っています。

お知らせ・更新情報

2022/05/26研究概要のページを更新しました
2022/01/17研究概要のページを更新しました
2022/01/07研究概要のページを更新しました
2021/11/16研究概要のページを更新しました
2021/07/27研究概要のページを更新しました
2021/04/09リンク集に次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2021のホームページを追加しました
2021/04/08研究概要のページを更新しました
2020/09/09研究概要のページを更新しました

お問い合わせ