在宅医療の現場で実践力を身につける

病院や福祉施設で行われる従来の臨地実習は、相互に独立した専門領域縦割り型が中心でしたが、 地域包括ケアセンターなどが行う在宅現場の実習では、学部学科の枠を越えて多領域を横断し、 地域で暮らす住民の生活に密着した実習を行うことが可能です。 在宅医療・介護の現場で必要とされる高度な専門性、多職種連携への深い理解、そして豊かなコミュニケーション力を実践的に習得します。

在宅看護学実習
看護学科では訪問看護による在宅療養者への援助の実際を学ぶため、3・4年次に在宅看護学実習を実施します。

訪問歯科診療
医療機関に入院中の患者さんも対象に入れ歯のケアを行います。実習生は訪問歯科医師に同行して現場を見学。時にはサポートも行います。

<< 地域包括ケアセンター開設
一覧へ
OSCE、模擬患者演習・・・ >>