北海道医療大学

ウェブアドバンス 受験生のための入試総合サイト

令和3年度 冬の節電対策について

はじめに

令和3年度冬季においても、政府自らが率先して取り組むとともに、各方面に省エネルギーの取り組みを呼び掛け、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に留意し、「新しい生活様式」の実践例を参考にしつつ、事業者及び国民が一体となり、省エネルギーをより一層推進するとの方針が示された。
本学としては、昨年度の取組み・目標値達成実績を基に、平成22年度同時期の最大使用電力を超えないことを目標として、引き続き節電・省エネ対策に取り組んで参ります。

今冬(12月~3月)の節電対策

目標

平成22年度の使用最大電力を超えないことを目標とする。
札幌あいの里キャンパスについては、医療技術学部学年進行に伴う増加分も含め、現在の契約電力(560KW)内を目標に設定(オーバーした場合は契約電力の変更が発生する)。

区分 令和3年度目標
(平成22年度の実績)
当別キャンパス 12月 1,739KW
1月 1,850KW
2月 1,742KW
3月 1,440KW
札幌あいの里キャンパス 12月 560KW
1月 560KW
2月 560KW
3月 560KW

節電対策

  1. 休憩時間等の消灯を徹底する。
  2. ホームページ等により節電状況の周知を行う。
  3. 以下の施設設備の整備を実施する。
    • 蛍光灯の安定器が不良の場合はLED照明に取替える。
    • 廊下照明の間引き点灯を継続する。
    • 暖房フィルターの使用状況を監視し、清掃に努める。
  4. エアコン集中監視によるピークカット運転を行う。
  5. ノー残業デーを実施する。
  6. 清掃業者、警備業者との連携を図る。

節電対策に向けた個々人の節電手法

  1. 室内温度は24℃以下に設定する。
  2. 使用していない教室等の空調と照明はスイッチを切る。
  3. PCは節電モードに設定及びこまめにシャットダウンする。
  4. 未使用OA機器等は電源プラグをコンセントから抜く。
  5. 衣服により体温調整を図る。
  6. 屋外への出入口は常時閉じる。

(R03.11.30 経営企画部 管財課)

大学案内

contact access

scroll