北海道医療大学

ウェブアドバンス 受験生のための入試総合サイト

令和3年度 夏の節電対策について

はじめに

令和3年度に関して政府からの省エネ要請等は発出されていないが、本学は第2種エネルギー管理指定工場として、例年通りの取組みを継続維持し、平成22年度同時期の最大使用電力を超えないことを目標として節電・省エネ対策に引き続き節電・省エネ対策に取り組みたい。

今夏(7月~9月)の節電対策

目標

平成22年度の最大使用電力を超えないこと。
札幌あいの里キャンパスについては医療技術学部学年進行に伴う増加分も入れ、現在の契約電力(560KW:2021.3変更)内を目標に設定(オーバーした場合は契約電力の変更が発生する)。

区分 令和3年度目標
(平成22年度の実績)
当別キャンパス 7月 1,711KW
8月 1,798KW
9月 1,814KW
札幌あいの里キャンパス 7月 560KW
8月 560KW
9月 560KW

実施する節電対策(前年度より継続)

  1. 各部局に節電担当者を配置する等の計画を検討する。
  2. ホームページ等により節電状況の周知を行う。
  3. 以下の施設設備の整備を実施する。
    • 廊下照明の間引きの継続
    • エアコンフィルターの清掃
  4. エアコン集中監視によるピークカット運転
  5. ノーネクタイ通年化、クールビズの実施
  6. ノー残業dayの実施
  7. 清掃業者、警備業者との連携

節電対策に向けた個々人の節電手法(前年度より継続)

  1. エアコン冷房設定温度は28℃とする。(講義室下限設定を25℃とする)
  2. 使用していない教室等の空調停止と照明消灯。
  3. パソコンの節電対策とこまめなシャットダウン。
  4. 未使用OA機器等については電気プラグをコンセントから抜く。

(R3.6.30 経営企画部 管財課)

大学案内

contact access

scroll