和名 マムシグサ
(蝮草)
学名 Arisaema serratum (Thumb.) Schott
科名 Araceae
 サトイモ科
属名 Arisaema Martius
 テンナンショウ属
別名 コウライテンナンショウ
ヘビノダイハチ
英名 ----------------
花期 5月下旬−6月中旬
使用部位 球根
生薬名 天南星(テンナンショウ)
成分 澱粉、サポニン、シュウ酸
カルシウム
用途 漢方では去痰、鎮痙薬
民間では腫れ物、肩こり
解説 有毒植物なので民間での飲用は避ける。
雌雄別株。写真は雄株。
学名の意味 Arisaema : (Arum, 植物名の一種(aris))+(heima, 血)葉にある斑点にちなんでつけられた。
serratum : 鋸歯状の


前のページに戻る
トップページに戻る