トピックス エントリー

  • 2015年08月27日(木)

北海道医療大学と北海道札幌丘珠高等学校による高大連携授業を実施しました

okadama.jpg

 平成27年7月2日(木)、3日(金)と8月24日(月)、25日(火)の4日間にわたり、北海道札幌丘珠高等学校3年生 数理フィールド看護コース 17名、数理フィールド生物選択 10名を対象に、高大連携授業を実施しました。
 7月2日(木)、3日(金)は看護コースの学生が高齢者体験やグループワークを行いました。
 8月24日(月)、25日(火)は、両コースの学生が参加し、数理フィールド生物選択の学生が、本学個体差健康科学研究所 太田亨教授による、自分の細胞からDNAを抽出し、耳垢型を解析する実験を実施。看護コースの学生が妊婦体験や新生児の養護について学びました。

 遺伝子解析実験や大学ならではの学問・研究の様子を知る機会を持ち、またその内容について理解と興味を深めることができた有意義な時間を過ごしたようでした。



ページ移動