トピックス エントリー

  • 2018年12月28日(金)

【開催報告】平成30年度 看護職・リハビリテーション職 体験学習

1287-thub.jpg

平成30年12月27日(木)、札幌旭丘・札幌新川・札幌平岸・札幌清田高等学校1・2年生、札幌開成中等教育学校4・5年生の約80名を対象とした「看護職・リハビリテーション職体験学習」を実施しました。本事業は平成24年度に締結した札幌市立各校との高大連携に関する包括協定に基づく実施事業で、今回で7回目の開催です。
看護職(看護師)希望者は、看護・看護師とは何かを学び、衛生学的手洗い、バイタルサインズの測定などの演習を小グループに分かれて体験しました。リハビリテーション職(理学療法士)希望者は、前十字靭帯損傷と変形性膝関節症について学び、ストレッチングや体操の実践を通じて理解を深めました。リハビリテーション職(作業療法士)希望者は、机の乾拭きをはじめとした日常生活活動時の脳活動を目視することで、作業療法の重要性について理解を深めました。今回の体験学習が将来の進路選択・決定の助力となれば幸いです。








ページ移動