食品機能成分データベース

---食品機能性・有害性情報1行ニュース(News2006年版)---

(最終更新日2006 年12月21日  2005年版へ

 このページの新着情報:

ノロウイルス猛威:各紙(12.21)

「卵の摂取と心筋梗塞は直接関係がなかった」厚生労働省(朝日新聞)(2006.11.20)

「遺伝子組換え食品を見分けるガイド」(朝日新聞)「チキンから発ガン性物質」(北海道新聞)(2006.9.29)

食品素材名(ア〜オ)/(カ〜コ) /(サ〜ソ)/(ダ〜ト)/(ナ〜ノ)/(ハ〜ホ)/(マ〜モ)/(ヤ〜ワ

食品機能成分データベースのインデックスへ戻るトップページ

 

注:管理人が科学的根拠を確認していないことと、掲載データの科学的根拠の有無には関連がありません 

情報日付
2006年版 内 容
対象食素材名
情報発信元
本データベースのリンク
12.21

ノロウイルス猛威

牡蠣ほか
各紙
なし
11.20

卵の摂取と心筋梗塞の発症には直接の関係がなかった:厚生労働省

朝日新聞
なし
9.29

遺伝子組換え食品の見分け方:グリーンピース・ジャパン

遺伝子組換え食品
朝日新聞
なし
9.29

「チキンから発ガン性物質」:責任ある医療のための医師委員会

チキン(ファーストフード)
北海道新聞
なし
9.8

「酸素入り水」の効果は?:国立健康・栄養研

酸素入り水
朝日新聞
なし
8.21

米国FDA,ウイルスを食品添加物に指定し,食中毒菌の殺菌

食品添加物
朝日新聞
なし
7.28

清涼飲料水中のベンゼンについて:厚生労働省・食品安全委員会

清涼飲料水
厚生労働省・食品安全委員会
なし
7.27

米国産牛肉輸入再開:農水省・厚生労働省

米国産牛肉
各誌
なし
6.13

コーヒー一杯でアルコール性肝硬変の予防効果が期待

コーヒー・アルコール
読売新聞
なし
6.1

健康食品摂取上限値の表示(大豆イソフラボン):厚生労働省

大豆イソフラボン
読売新聞
なし
5.26

食品安全委員会,コエンザイムQ10の上限値の設定は困難

コエンザイムQ10
読売新聞(5.25)
なし
5.26

シプトラミン(未承認医薬品)入りダイエット食品

ダイエット食品
北海道新聞(5.25)
なし
5.12

大豆イソフラボンの1日上限摂取量:食品安全委員会

大豆(イソフラボン)
読売新聞
食品安全委員会
5.10

インゲン豆による健康被害

インゲン豆
主要各紙
なし
5.2

住民調査:納豆摂取がコレステロールや中性脂肪の低下に効果的:国立循環器病センター

納豆
朝日新聞
なし
3.8

コーヒーの効果は,カフェイン代謝に関与する酵素の差か?

コーヒー
共同通信他
なし
2.13

アガリクスを含む製品の安全性に関する食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼

アガリクス含有製品
厚生労働省
なし
1.24

カナダで4頭目のBSE牛:流通せず

-
読売新聞
なし
1.24

北海道の乳牛が国内で22頭目のBSE感染

-
読売新聞
なし
1.21

米国産牛肉の輸入再び禁止:危険部位混入

米国産牛肉
各紙
なし
 


衛生化学講座

 *このペ−ジは北海道医療大学薬学部衛生化学教室教授和田啓爾が作成したものです。

 *お問い合わせは-->wadakg@hoku-iryo-u.ac.jpへどうぞ:注:お問い合わせの際は,ご所属・お問い合わせの背景等をお願いいたします.

各種法律等に抵触する可能性があるものについてはお答えできない場合がございます