食品機能成分データベース

---食品素材名(ヤ〜ラ〜ワ)---

 

食品素材名ア〜オ)/(カ〜コ)(サ〜ソ)/(ダ〜ト)/(ナ〜ノ)/(ハ〜ホ)/(マ〜モ

本ページの新着情報:レイシ(霊芝),レタスの項を更新(2005.5.13)

ライチーの項を更新(2005.5.12)

更新項目は緑字で表示しています

食品機能成分データベースのインデックスへ戻るトップページ

(最終更新日2005 年5月13日

注:管理人が科学的根拠を確認していないことと、掲載データの科学的根拠の有無には関連がありません 
食品素材名
食品素材(英)
更新日
主な機能性成分
主な機能

その他(相互作用)

ヤの項

ヤーコン
Smallaanthus sonchifolius
05.2.22

フラクトオリゴ糖、食物繊維、ポリフェノール:ミネラル(Zn, Fe)

整腸作用(ビフィズス菌増加)、便秘改善、肝臓の解毒に対する負担軽減、血糖値の上昇が少ない、血清脂質改善、難消化性、大腸ガン、抗菌活性、抗炎症作用、抗う蝕(虫歯)作用、糖尿病予防・治療効果(期待)、抗酸化作用、老化・発ガン性の抑制(示唆)、動脈硬化・血栓・アレルギー因子酵素の抑制、食後過血糖抑制作用(インスリン様作用)、脂質代謝改善作用

キク科:根

ヤエヤマアオキ
Morinda citrifolia
05.3.16

ノニを見よ

-

-

ヤクヨウコゴメグサ
Euphrasia officinalis
05.3.16

アイブライトを見よ

-

-

ヤクヨウニンジン

-

ジンセンを見よ

-

薬用ニンジン

ヤマゴボウ
Cirstium dipsacolepis MATHUM.
05.2.22

食物繊維

-

-

ヤマノイモ
Dioscorea japonica THUNB.
05.2.22

アミラーゼ活性

疲労回復、体力増強

-

ヤマブシタケ
Hericium erinaceum
05.3.16

β-グルカン

抗腫瘍、脳機能活性化

山伏茸:キノコ

ヤマブドウ
Vitis coignetiae PULLIAT.

05.02.22

ポリフェノール類、リスベラロール、食物繊維、水溶性ペクチン、プロアントシアニジン、アントアシニン、カリウム

抗酸化作用、潰瘍予防、ガン予防、心筋梗塞・脳硬塞予防、動脈硬化などの循環器系疾病予防、抗ガン作用、血糖値低下、視力向上、高血圧予防

-

ヤマモモ
Myrica rubra SIEB.et ZUCC

05.02.22

アントシアニン色素、フラボノイド色素、タンニン

抗酸化力、視力向上、肌の美白、血圧低下、抗菌作用、肌保全、廃液浄化、打撲傷・捻挫、下痢止め、口内のただれ・疥癬

-

ユの項

ユーカリ
Eucalyptus globulus
05.3.14

エラグ酸、ミネラル(K)、精油(シネオール)

利尿やむくみの解消、便秘改善、抗菌作用、鼻づまり解消、気管炎症鎮静、アロマセラピー

フトモモ科:葉

ユウガオ
Lagenaria siceraria STANDLEY var.hispida HARA
05.2.22

食物繊維

-

-

ユズ
Citrus junos SIEB. ex TANAKA
05.2.22

クエン酸、ビタミンC、リモネン、リナロール、β−カロチン

疲労回復、血中乳酸濃度低下作用、コラーゲン形成、無機鉄の吸収、コレステロール・ホルモン代謝、免疫機能増強、精神の癒し効果、ガン抑制、皮膚の乾燥・肌荒れ防止、抗酸化作用

-

ヨの項

ヨクイニン
Coix lachrma-jobi
05.2.10

ハトムギを見よ

食欲増進、利尿

ハトムギの実

ヨヒンベ
Pausinystalia yohimbe
05.2.15

-

催淫、強壮

アカネ科:注:日本では医薬品扱い

ヨモギ
Artemisia princeps PAMP.

A. vulgaris

05.2.22

ビタミン(A,C)、精油(シネオール、アルタブシン)

収斂、止血、灸用もぐさ

キク科:茎葉

ラの項

ライチー
Litchii chinensis SONN.
05.5.12

果糖,ブドウ糖,ビタミンC,タンニン

血圧低下、抗菌作用、肌保全、廃液浄化、咳、胃痛、神経痛、うがい薬、腫瘍治療

ムクロジ科:果実:

ラケモサ
Cimicifuga racemosa
05.1.25

ブラックコホシュを見よ

鎮静、鎮痛、月経前症候群改善、更年期障害諸症状緩和

キンポウゲ科

ラズベリー
Rubus idaeus
05.3.15

エラグ酸、ラズベリーケトン

利尿作用、脂肪分解燃焼促進

バラ科:木いちご

ラッカセイ
Arachis hypogaea L.
05.2.22

オレイン酸、ビタミンB2、ビタミンE

悪玉コレステロールの低下(動脈硬化予防)、抗酸化作用、美肌、老化・ガン予防効果

-

ラッキョウ
Allium bakeri REGEL
05.2.22

アリシン

殺菌作用、血圧低下、心疾患予防

-

ラベンダー
Lavandula angustifolia
05.3.10

精油、酢酸リナリル

鎮静、消炎、アロマセラピー

シソ科

リの項

リコリス
Glysyrrhiza glabra
05.3.10

甘草を見よ

-

マメ科

リンゴ
Malus pumila MILL.
05.2.22

リンゴペクチン

肺がん、結腸がんなど高いガン予防効果、心臓病、脳卒中予防、喘息・気管支炎・肺気腫抑制効果、ビタミンC吸収促進

バラ科

リンデン
Tilia cordata
05.3.1

-

発汗作用

シナノキ科:花、葉:註日本で言う菩提樹とは異なる

ルの項

ルイボス
Aspalathus linearis
05.1.20

フラボノイド、ミネラル

便通改善、アトピー改善

葉:茶として

ルバーブ
Rheum rhaponticum L.
05.2.22

アントラキノン類

瀉下作用、静菌降下、抗ウイルス作用、肝細胞障害抑制作用

-

ルンブルクスルベルス
Lumbricus rubellus
05.1.10

ルンブルキナーゼ

血栓溶解

アカミミズ

レの項

レイシ
ライチーを見よ
05.5.12

-

-

-

レイシ
Ganoderma lucidum
05.5.13

β-グルカン:トリテルペン類(ガノデリン酸):食物繊維(ヘミセルロース):エルゴステロール,クマリン類,精油

滋養、強壮、抗腫瘍、免疫力亢進:生活習慣病予防,血小板凝集抑制,高血圧改善

霊芝:サルノコシカケ科:キノコ:仙人草、神仙草:品質にばらつきがあり,臨床試験が十分ではない:動物実験,ヒトの癌細胞での実験報告多数

レタス類
Lactuca sativa
05.5.13

種類が多く,成分は多様:レタス&コスレタス(無機質,カロテン,ビタミンCが他のレタス類より含量が低い);アミノ酸(アスパラギン,グルタミン,グルタミン酸,アスパラギン酸,アラニン),糖類(ブドウ糖,果糖,ショ糖),有機酸(リンゴ酸,シュウ酸,クエン酸),ラクツコピコリン(苦味成分),フェノール成分(コーヒー酸,クロロゲン酸,イソクロロゲン酸),繊維質,ビタミンE

動脈硬化とその合併症の予防(糖尿病の民間療法)

キク科:

レッドクローバー
Trifolium pratense
05.3.16

アカツメクサを見よ

-

マメ科

レディズマントル
Alchemilla vulgaris
05.3.12

ハゴロモグサを見よ

下痢止め

バラ科

レモン
Citrus limon BURM. f.
05.2.22

ビタミンP、エリオシトリン、クエン酸、ビタミンC、カリウム

毛細血管補強、抗酸化作用、ガン予防、動脈硬化予防、糖尿病合併症予防、疲労回復、カルシウム・ミネラル吸収促進作用、高血圧予防

-

レモングラス
Cymbopogon citratus
05.3.10

精油

食欲増進、

イネ科:注:精油の直接吸入で肺炎

ロの項

ローズ
Rose gallica
05.3.1

タンニン、精油

口内炎治療、強壮、月経不純改善、スキンケア

バラ科

ローズヒップ
Rosa canina
05.3.1

ビタミン(C,E),リコピン、精油

抗酸化、保湿効果

バラ科ドッグローズの実

ローズペタル
Rose gallica
05.3.1

ローズを見よ

-

バラ科ローズの花びら

ローズマリー
Rosmarinus officinalis L.
05.2.22

フェノール化合物:ロスマリン酸、シネオール

強壮、利尿、健胃、腸内ガス排出、鎮痙薬、防腐、通経、駆虫、神経痛、うがい薬、精神疲労緩和、集中力向上、抗酸化作用、ガン予防、抗菌

シソ科:葉

ワの項

ワイルドヤム
Dioscorea villosa
05.3.10

サポニン

植物性エストロゲン様作用?

ヤマイモ科:根:別名:メキシコヤマイモ

ワサビ
Wasabia japonica MATSUM.
05.2.22

βアミラーゼ、アリルイソチオシアネート(アリルカラシ油)

消化・吸収促進、消臭、抗菌(細菌、酵母、カビなど)、新鮮物の鮮度保持効果

-

ワサビダイコン
Cochlearia armoracia L.
05.2.22

カラシ油類

強い高菌力(食中毒菌・微生物など)、寄生虫の活動抑制、血栓予防(脳硬塞、心筋梗塞予防)、発がん予防、制ガン

-

 


 *このペ−ジは北海道医療大学薬学部衛生化学教室教授和田啓爾が作成したものです。

 *お問い合わせは-->wadakg@hoku-iryo-u.ac.jpへどうぞ:注:お問い合わせの際は,ご所属・お問い合わせの背景等をお願いいたします.

各種法律等に抵触する可能性があるものについてはお答えできない場合がございます