食品機能成分データベース

---食品素材名(カ〜コ)---

 

食品素材名(ア〜オ)/(サ〜ソ)/(ダ〜ト)/(ナ〜ノ)/(ハ〜ホ)/(マ〜モ)/(ヤ〜ワ

このページの新着情報:コリアンダーの項を更新(2005.7.12)

 

食品機能成分データベースのインデックスへ戻るトップページ

(最終更新日2005 年7月12日 

注:管理人が科学的根拠を確認していないことと、掲載データの科学的根拠の有無には関連がありません 
食品素材名
食品素材(英)
更新日
主な機能性成分
主な機能

その他(相互作用)

カの項

ガーリック
garlic
05.3.14
ニンニクの項を見よ

ユリ科

カイアポ
(Caiapo potato)
05.3.14

-

血糖値降下作用

白甘蔗

ガウクルア
Pueraria mirifica
05.3.14

イソフラボン

女性ホルモン用作用

マメ科:根

カキ(柿)
Diospyros kaki THUNB.
05.2.17

ペクチン,カロテノイド,ビタミンC,ブドウ糖,果糖,リコピン

多の薬物との配合で嘔吐,しゃっくり,夜尿症に適用,抗高血圧(民間薬)

カキノキ科:

カキ(牡蠣)
Crassostrea gigas Thunberg
05.3.14

-

-

-

ガジュツ
Curcuma属
05.3.14

シネオール、カンファー

アルコール分解、胆汁分泌促進、ピロリ菌除菌作用

紫ウコン

カバまたはカバカバ
Piper methysticum Forst.

(kava kava)

05.4.22

カバピロン(カバイン類,メチスチシン類,ヤンゴニン類)

鎮静、催眠、筋弛緩作用,抗ストレス作用

コショウ科:根:

注:多量またはアルコールと同時摂取で肝障害の可能性:肝障害に関する情報厚労省HP)

カブ
Brassica rapa L.
05.2.17

アントシアニン色素

抗酸化作用

-

カボス
Citrus sphaerocarpa Hori. ex Tanaka
05.2.17

ビタミンC、リモノイド、リモネン、クマリン類

ガン予防、抗酸化作用、解毒酵素活性、腫瘍の形成抑制、油落し作用、精神癒し効果、溶血作用

ミカン科:サワーオレンジ類

カボチャ

Cucurbita moschata

DUCH / C.pepo

05.2.17

カロテン

冷え性、胃潰瘍、風邪予防、美容、低血圧、白髪防止、去痰、咳止め

ウリ科

ガマズミ
Viburnum dilatatum Thunb.
05.2.17

ビタミンC、シアニン

血管強化作用、風邪予防、ガン予防、視力向上

-

カミツレ
Matricaria recutita
05.3.14

精油

鎮静、催眠、消炎沈痛、乾燥肌やかゆみ、口臭予防

キク科:カモミール

カムカム
Myrciaria dubia
05.3.14

ビタミンC

-

フトモモ科

カモミール
Matricaria recutita
05.3.14

カミツレを見よ

-

キク科:カミツレ

カラスムギ
Avena sativa
05.3.14

食物繊維

心疾患リスク低減(FDA)、消化器症状改善、疲労回復、糖尿病改善

別名:オーツ

ガラナ
Paullinia cupana
05.3.14

カフェイン類似作用成分、カテキン類

滋養強壮、疲労回復

ムクロジ科ガラナ属:種子:

カリフラワー
Braaica oleracea L. var. botytis L.
05.2.17

食物繊維、アスコルビン酸

抗酸化作用、ガン予防、発ガンプロモーション抑制機能

-

カリン
Pseudocydonia sinensis SCNEID.
05.2.17

-

鎮咳、鎮痛、疲労回復

-

ガルシニア
Garcinia cambogia Desr./ G. indica Choisy/ G. atroviridis Griff.
05.4.20

ヒドロキシクエン酸

ATPクエン酸リアーゼ阻害,抗肥満作用,空腹感の抑制

注:ラットで精巣に影響(過剰摂取)

カルダモン
Elettaria cardamomum
05.3.14

-

口臭改善、消化促進

ショウガ科:種子:別名:ショウズク

カレンデュラ
Calendula officinalis
05.3.14

精油

保湿、口内炎改善、

キク科:花:別名キンセンカ、マリーゴールド

カンジャン
(kan jang)
05.3.14

-

のどの痛みや鼻水に効果、食中毒菌の下痢に効果

穿心蓮(せんしんれん)

カンゾウ
Glycyrrhiza glabra L.
05.4.22

グリチルリチン酸,フラボノイド,カルコン類

解毒、甘味料、副腎皮質ホルモン産生促進、抗アレルギー、抗炎症、肝機能改善、湿疹改善、口内炎改善,抗潰瘍,鎮痙,鎮咳,中枢抑制,性ホルモン様作用,抗ウイルス,インターフェロン誘起

マメ科:根、根茎:大量投与や継続投与で偽アルドステロン症が現れることあり(低カリウム血症,浮腫,高血圧,ミオパシー)

カンユエキス(肝油エキス)
-
05.4.20

スクワレン,アルコキシグリセロール,ビタミン(A,D),脂肪酸

肝保護作用,免疫力亢進,ガンの放射線治療の副作用軽減

生活習慣病や肝疾患の治療中は,医師に相談する

キの項

キイチゴ類

-

05.2.17

エラグ酸、フラボノイド色素、タンニン

抗ガン作用、ガン抑制、高血圧抑制、血圧低下、抗菌作用、肌保全、廃液浄化

-

キウイフルーツ

Actinidia chinensis PLANCH.

05.2.17

食物繊維、アクチニジン

肉を柔らかくする

-

キク
Chrysanthemum
05.2.17

トリテルペンアルコール類、トリテルペン、クロロゲン酸類

解熱、解毒、鎮痛、消炎薬、抗炎症作用、発ガンプロモーション抑制効果、抗酸化作用

-

キクイモ

Helianthus tuberosus L.

05.2.17

イヌリン、食物繊維

ダイエット効果、血糖値上昇抑制(抗糖尿病)

キク科:根

キクラゲ

Auricularia auricula-judae (FR.) QUEL

05.2.17

β−(1−3)−D−グルガン、酸性多糖グルクロノキシロマンナン

抗腫瘍活性、降コレステロール作用、寒湿性の腰や腿の疼痛、産後の衰弱とひきつけ・しびれ、外傷による疼痛、手足のしびれ、痔による出血、子宮出血、中毒

-

キジツ
Citrus aurantium
05.3.14

精油

抗ストレス、健胃、鎮痛、鎮静、血流改善

枳実:ビターオレンジ、ダイダイ

ギムネマ
Gymnema sylvestre R. Br.
05.4.20

ギムネマ酸

食後過血糖の抑制,糖質の吸収抑制,甘味抑制,脂肪蓄積抑制

ガガイモ科:葉部:糖尿病の治療や肥満の改善に補助的に使用:腹部膨満感,ガスが出やすいなどの胃腸症状出ることあり

キャッツクロー

Uncaria tomentosa (Willd.) Dc. or U. guianensis (Aubl.)Gmel.

05.4.20

ミトラフィリン,イソプテロポジン,

リウマチ改善,抗炎症,抗アレルギー,免疫力改善/増強

アカネ科:樹皮,葉:妊娠中や3歳以下の幼児への投与を避ける

キャベツ
Brassica oleracea L. var. capitata L.
05.2.17

ビタミンU、ビタミンK、リジン、食物繊維、ぺルオキシターゼ

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、止血作用、血液中のカルシウムイオン増加、胸やけ、吐き気、食欲増進効果、整腸作用、大腸ガン、抗菌活性、抗炎症作用、抗う (虫歯)作用、糖尿病、高血圧、肥満、発ガン性物質抑制、通風、下痢、聴覚不全、頭痛

-

キュウリ
Cucumis sativus L.
05.2.17

ビタミンC、葉酸

体調を整える、排尿促進、解毒、緊張緩和、美肌

-

ギョウジャニンニク
Allium victorialis L. var. platyphyllum MAKINO
05.2.17

アリシン、メチルアリルトリスルフィドなど、ジアリルジスルフィド、含硫アリル化合物類

抗菌作用、肺結核、インフルエンザ、膣炎、炎症抑制・防止、動脈硬化予防、脳硬塞予防、持久運動能力増強、発ガン予防効果

-

キンカン
Fortunella margarita SWINGLE
05.2.17

ビタミンC、β−クリプトキサンチン、ヘスぺリジン、シネフリン

ガン予防、抗酸化作用、制ガン作用、高血圧予防、動脈硬化防止、鎮咳効果

-

クの項

クサソテツ
Matteuccia struthiopteris (L.) Todaro
05.2.17

アラキドン酸、ビタミン類、ミネラル 

神経系・免疫系・代謝機能性、がん予防、生活習慣病

クサソテツ科:別名ガンソク,コゴミ

グミ類
Elaeagnus
05.2.17

-

のどの渇き止め、咳止め、駆虫剤(回虫など)、胃病、風邪薬、耳鳴り、老人の耳遠くなる、心臓病、黄だん、破傷風

グミ科:約80種:地方固有種あり

クランベリー

Vaccinium macrocarpon Ait., V. oxycoccos L.

05.4.21

プロアントシアニジン,有機酸(quinic acid[キナ酸], citric acid, malic acid),糖(dextrose, fructose)

尿路感染症予防,抗菌作用,抗ウイルス作用,抗酸化作用

ツツジ科:果実エキス(ジュース):同科のブルーベリー(ビルベリー)には尿路感染予防効果はない

クリ

Castanea crenata SIEB. et ZUCC.

05.2.17

食物繊維、亜鉛、カリウム、クマリン誘導体、没食子酸、プロアントシアニジン

成長障害・創傷治癒障害・味覚障害・精神障害(うつ状態)・生殖異常予防、過剰ナトリウム排泄、血圧降下、抗酸化物質、強力な抗酸化活性

-

クリタケ
Naematoloma sublateritium (Fr.) Karst.
05.2.17

キシロビオース、エルゴステロール

強い免疫活性力、カルシウム・リンの吸収促進

モエギタテ科のキノコ:近縁種の有毒ニガクリタケに注意

クルミ
Juglans
05.2.17

リノール酸、ビタミンB1

血中コレステロール低下作用、疲労回復

クルミ科:約20種

クロレラ
Chlorella属
05.4.21

タンパク質,アミノ酸,ビタミン,ミネラルなど多様

各種栄養素の補給,抗酸化作用

特定の疾患や症状に対する効果は明確ではない:基礎試験データはあるが,ヒト体内での作用は不明:ビタミンKが豊富なため,ワルファリンとの相互作用に注意:粗悪品によりまれに過敏症,アレルギー症状現れることあり

クワ
Marus bombycis KOIDZ., M. alba L., M. australis Poir. 他
05.4.21

アントシアニン、γ−アミノ酸、アラニン、1−デオキシノジリマイシン,ビタミンB1,カロテン

抗酸化作用、血圧降下作用、二日酔い、血糖値抑制、糖尿病予防

クワ科:葉:腹部膨満感などの胃腸症状が現れることあり:糖尿病薬のαグルコシダーゼ阻害薬と同様の作用のため相加作用の可能性あり

ケの項

ケール
Brassica oleracea
05.3.15

ビタミンA,C,カルシウム、食物繊維

-

アブラナ科

ケフィア
(kefia)

-

(発酵乳)

コレステロール低下、癌細胞増殖抑制、アレルギー改善

別名:ケフィール

ケルプ
Fucus vesiculosus
05.3.15

ヨウ素、フコイダン

-

褐藻類:別名:フーカス、ヒバマタ、プラダーラック

コの項

コウキ
Engelhardtia chrysolepis
05.3.15

アスチルビン(ポリフェノール)

ダイエット(サイクリックAMP増強)、抗アレルギー

クルミ科:(こうき)

コウスイボク
Aloysia triphylla
05.2.25

精油

リラックス効果

クマツヅラ科:香水木:別名:レモンバーベナ

コウライニンジン

Panax ginseng C. A. Mey.

P. schinseng Nees
05.3.20

(薬用)サポニン,ステロイド,ビタミン,コリン

疲労回復、免疫力向上、滋養強壮、血管拡張、冷え性改善、更年期障害改善

ウコギ科:ジンセン、朝鮮人参、オタネニンジン

ゴツコーラ
Centella asiatica
05.2.14

-

抗酸化、美肌効果、皮膚炎症抑制、血流改善、利尿

セリ科:別名ゴツコラ、センテラアジアチカ、ツボクサ

コーヒー
Coffea arabica
05.2.13

カフェイン、クロロゲン酸(ポリフェノール)

中枢興奮、覚醒、利尿、抗酸化作用、直腸ガンリスク低減、動脈硬化予防、

-

ゴボウ
Arctium lappa L.
05.2.17

食物繊維

発汗促進、利尿、胆汁の分泌促進、血液浄化、皮膚用湿布、感染症、風邪、流感、肺炎、中毒、ガン

-

ゴマ

Sesamum indicum L.

05.2.17

セサモリン、セサミン

抗酸化力、過酸化反応抑制、変異原に対する抑制効果、コレステロール降下、アルコールの代謝の促進

-

コラ
Cola nitida
05.1.15

コラニン、テオブロミン、カフェイン

疲労回復

アオギリ科:種子

注:過剰摂取で興奮

コリアンダー
Coriandrum sativum L.
05.7.12

種子:精油(リナロール70.0%,カンファー7.7%,δ-テルピネン6.9%,α-ピネン3.9%,ゲラニルアセテート2.3%他約60種:文献)

食欲不振改善、便秘予防、鉛中毒緩和(現在これらの効果が種子,香菜いずれに由来するものか調査中)

セリ科:種実:地上部,根:チャイニーズパセリ,パクチー[文献:Lawrence B.M.,Perf.&Flav.,5(4)6(1980)]:注;種子は香辛料,地上部や根は香菜として利用

ゴールデンシール
Hydrastis canadensis
05.2.24

ベルベリン、ヒドラスチン

のどの痛み改善、感染性下痢改善、抗菌作用

キンポウゲ科:根

コロハ
Trigonella foenum-graecum
05.2.25

タンパク質、サポニン、食物繊維

関節炎治療、気管支炎治療、切り傷治療、糖尿病改善、高脂血症、血糖値降下作用、悪玉コレステロール値低下作用

マメ科:フェヌグリーク:種子

コンニャク
Amorphophallus konjac K.KOCH
05.2.17

食物繊維

整腸作用、大腸ガン、血圧降下、コレステロール低下

-

 


 *このペ−ジは北海道医療大学薬学部衛生化学教室教授和田啓爾が作成したものです。

 *お問い合わせは-->wadakg@hoku-iryo-u.ac.jpへどうぞ:注:お問い合わせの際は,ご所属・お問い合わせの背景等をお願いいたします.

各種法律等に抵触する可能性があるものについてはお答えできない場合がございます