エリトリア政府高等教育視察団が来学
 11月18日(水)、エリトリア政府高等教育視察団が来学しました。
 エリトリアは、エチオピアの紅海側に位置する開発途上国で、30年に及ぶエチオピアとの紛争により、93年に独立したアフリカ大陸で最も新しい国で、近年ようやく民生の安定を得るに至った国です。同国では公教育の改善を国是として、国の形を人材育成で確立しようとしています。2000年前から固有の文字を用いた文化を誇るアフリカの稀有なる国として、初等中等教育の充実と並行して高等教育の整備に着手しています。
 日本政府はJICA(独立行政法人 国際協力機構)を通じて、この高等教育整備の過程をODA予算で支援すべく計画を策定しています。今回その計画の一環として、同国の高等教育分野指導者等を日本に招いて、日本の各分野の大学を訪問し、情報・意見交換を行うことになったものです。
 本学には、大統領補佐官、駐日大使、高等教育委員会高等教育委員長、財務省財務局長をはじめ、7大学の学長、総勢11名が来学しました。また、JICAから4名の職員が随行してきました。折しも、雪の降る中での来学でしたが、同国の方々にとっては感動的な風景であったようで、カメラのシャッター音が響き渡っていました。

 会議は、11時から廣重理事長、大野学長補佐の歓迎の挨拶からスタートし、保健科学大学学長、オロッタ医科大学学長から同国における保健医療分野での教育の現状説明を受けた後、本学各学部の概要説明、また、薬学部・歯学部・看護福祉学部の施設・設備を見学し、予定のスケジュールを終えましたが、同国関係者から予定時間をオーバーするほどの質問もあり、本学関係者の説明に熱心に聞き入っていました。


歯学部の概要説明に熱心に聞き入るエリトリア政府高等教育視察団(写真右)
このページに関するお問い合わせは
〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757 TEL:(0133)23-1211
当サイトの内容を管理者の許可なく無断でリンク、使用・転載することを禁じます。
Copyright 2007 Health Science University of Hokkaido.All Rights Reserved.
閉じる