リハビリテーション科学部
泉 唯史

リハビリテーション科学部長
泉 唯史

北海道大学理学部卒業。
国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院理学療法学科卒業。
吉備国際大学保健科学部理学療法学科講師(のち助教授)、鈴鹿医療科学大学保健衛生学部理学療法学科教授、姫路獨協大学医療保健学部理学療法学科教授および学科長を経て、2013年本学就任。
リハビリテーション科学部長、リハビリテーション科学研究科長就任。理学士。

地域生活の視点で生活機能の回復をサポート
リハビリテーションは医療の質を飛躍的に高めます

最近の環境変化や生活習慣の変化により、疾病構造はとても複雑になってきています。加えて、健康に生きることの権利意識の高まりや高齢者人口の増加から、医学・医療の発展と充実に対する社会的要請は非常に高まっています。

そのような社会変化に対して、急性期医療から回復期、地域生活期とさまざまな段階で、高度に教育された専門職種の連携によるチーム医療がますます強く求められています。その中でも、特に対象者の生活機能の回復や人生の質(QOL)の向上をサポートしていくというリハビリテーション医療は、救急・救命や治療医学などとともに、医療の質を飛躍的に高めるための大きな役割を担っています。

リハビリテーション科学部は、医療系総合大学の5番目の学部として2013年に開設され、既存学部との連携により基礎医学はもとより専門科目の講義・実習は大変充実しています。また北海道医療大学病院をはじめ、道内を中心とした臨床実習施設との強力な教育連携で質の高い実践的な臨床実習を行うことができます。それらのカリキュラムを通して、科学的専門知識と技術の学習や開発、保健・医療・福祉との連携と統合を意識した教育が可能となります。

リハビリテーション科学部は、医療チームの一員として高度な医療技術と最新の科学的知見に基づくリハビリテーション医療を実践できる、豊かな人間性と社会性を持った医療人の育成を目指します。同時に健康・保健・福祉分野でのフィールド活動と研究を通して社会から必要とされ地域貢献にも学部として積極的に取り組んでまいりたいと考えております。