大学院リハビリテーション科学研究科
泉 唯史

大学院リハビリテーション科学研究科長
泉 唯史

北海道大学理学部卒業。
国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院理学療法学科卒業。
吉備国際大学保健科学部理学療法学科講師(のち助教授)、鈴鹿医療科学大学保健衛生学部理学療法学科教授、姫路獨協大学医療保健学部理学療法学科教授および学科長を経て、2013年本学就任。
リハビリテーション科学部長、リハビリテーション科学研究科長就任。理学士。

理学療法と作業療法の介入効果を科学的に検証し
リハビリテーション分野での
高度専門職業人の育成をめざします

大学院リハビリテーション科学研究科では、今日の保健・医療・福祉に求められている疾病予防(1次予防)から救命、疾病の進展抑制(2次予防)、疾病の再発予防(3次予防)をトータルケアの視点から考え、同時に対象者の生活機能や人生の質(QOL)を高めていくための介入方法について、実践的かつ科学的な適用を推進できる人材の育成をめざしています。

本研究科リハビリテーション科学専攻(博士前期課程)においては、理学療法学と作業療法学の共通基盤をなす学問領域として、リハビリテーション科学の追求を通して「生体構造機能・病態解析学分野」、「リハビリテーション治療学分野」および「地域健康生活支援学分野」の3研究分野を柱として、教育と研究を推進してまいります。また地域の医療機関や施設において、保健・医療・福祉の各分野での先進的な専門知識と技術を身につけ、質の高いリハビリテーションサービスを提供する医療チームを多職種連携の立場で指導的役割を担っていく高度専門職業人の養成を目指しています。そのために遠隔地居住や勤務の学生、通常の時間帯での通学が困難な社会人学生を対象に、双方向のコミュニケーションが可能なテレビ会議システムを用いた遠隔地授業配信システムを導入し、対面授業と同等の講義を展開するなど、地域に根差した高度専門職業人育成のための充実した教育環境を整えています。

また平成27年度より開設される本研究科リハビリテーション科学専攻博士後期課程は学部教育の上に博士前期課程とあわせた積み上げ方式による一体的な研究指導を行うために設置されます。今日、全人的な医療に対する多様なニーズに対して、リハビリテーション分野における技術開発や実践方法の探究を科学的に組織し構築を図ることが強く求められており、そうした社会的ニーズに対して学際的連携を図りながら将来のリハビリテーション科学の発展に寄与することができる高度で先駆的な研究者・教育者の育成は今日の重要な課題です。博士後期課程による大学院教育は、北海道という地域的特性に立脚しながら、わが国全体、ひいては国際社会における適用の可能性を探索するとともに、質の高いリハビリテーションの高度専門職業人育成を進めて参ります。