◎薬剤師支援センターについて

より良き薬剤師として、常にスキルアップし続けるために。

医療の高度化や薬物療法の急速な進歩にともない、医療現場で薬剤師が対処しなければならない業務は拡大し続けています。薬剤師には、高度な専門性を発揮しながら、医療品の有効性と安全性の確保に貢献することが一層求められているのです。このような社会のニーズに応えるために、国家資格取得後も常にスキルアップを図ることが必要です。

北海道医療大学薬剤師支援センターを設立し、
充実した研修講座を開講します。

北海道医療大学では従来から全学的に医療人の生涯教育に取り組んできました。これまで培ってきた実績をもとに、北海道医療大学薬剤師支援センターで「認定薬剤師研修制度」の事業運営を開始します。高度化・専門化が進む医療現場で活躍する薬剤師を対象に充実した生涯学習講座を開講するとともに、医療現場との連携による共同研究の推進など、広く社会との連携を図ることを目指しています。

出身大学を問わず、すべての薬剤師に開かれた制度です。

病院、診療所、保険薬局、ドラッグストアー、保健所、行政機関などで医療に従事する薬剤師を対象とし、すべての薬系大学出身者が平等に認定を受けることが出来ます。さらに、薬剤師免許を有する大学教員や、医療現場への復帰を目指す未就業薬剤師も、本研修制度により認定を受けることができます。