札幌開成高等学校特別講義「プレ先端科学特論」の実施について

平成25年1月9日(水)と10日(木)の2日間にわたり、札幌開成高等学校コズモサイエンス科1年生25名を対象に、特別講義「プレ先端科学特論」を実施しました。
テーマは「自分の遺伝子を解析してみよう」。初日は本学個体差健康科学研究所 太田亨准教授による遺伝子の基礎についての講義と、自分の細胞からDNAを抽出し、耳垢型を解析する実験を実施。2日目は京都大学医学部附属病院遺伝子診療部診療副部長の沼部博直准教授による講義「それ遺伝ですか?-遺伝情報の伝え方-」の後、初日の実験結果の確認や玉ねぎのDNAを抽出する実験を行いました。また2日間の成果について、グループ発表・全体討議を行いました。

遺伝子解析実験や最先端の講義など大学ならではの学問・研究の様子を知る機会を持ち、またその内容について理解と興味を深めることができた有意義な時間を過ごしたようでした。




このページに関するお問い合わせ先:入試広報課 TEL 0133-23-1211
当サイトの内容を管理者の許可なく無断でリンク、使用・転載することを禁じます。
Copyright 2007 Health Science University of Hokkaido.All Rights Reserved.
閉じる