受験生サイト
お問い合わせ

文部科学省
高等教育の
修学支援新制度

住民税非課税世帯および
それに準ずる世帯の学生に対し、
授業料及び入学金の減免、
給付型奨学金の支給により
進学を支援する制度です。

北海道医療大学および
北海道医療大学附属歯科衛生士専門学校は、
修学支援新制度の対象機関として
認定を受けています。

私立大学に進学する場合、
どのくらい支援されるの?

3つの区分をクリックすると、
年間の支援額が表示されます。

第1区分
第2区分
第3区分
第1区分の支援額(年額)
入学金 授業料等
減免
給付型奨学金
自宅 自宅外
約26万円 約70万円 約46万円 約91万円

※支援額は両親、本人(18歳)、中学生の4人世帯の目安です。
家族構成や世帯収入で支援額は異なります。

第2区分の支援額(年額)
入学金 授業料等
減免
給付型奨学金
自宅 自宅外
約17万円 約47万円 約31万円 約61万円

※支援額は両親、本人(18歳)、中学生の4人世帯の目安です。
家族構成や世帯収入で支援額は異なります。

第3区分の支援額(年額)
入学金 授業料等
減免
給付型奨学金
自宅 自宅外
約9万円 約23万円 約15万円 約30万円

※支援額は両親、本人(18歳)、中学生の4人世帯の目安です。
家族構成や世帯収入で支援額は異なります。

自分が対象になるのか、
どのくらい支援が受けられるのか、
詳しくはシミュレーターでチェック!

北海道医療大学での手続きは?

どの入学者選抜(試験)区分で
入学手続を行うかで、
手続方法が異なります。
詳しくは、STEP1、STEP2を
選択してご確認ください。

※夢つなぎ入試、特待奨学生(薬学部・歯学部)、
福祉・介護人材育成奨学生との併用も可能です。

あなたの手続き方法は?

学費の納付について

入学手続時に、所定の「入学金」「委託徴収金」
「前期授業料」を納付いただきます。
入学後(4月)に手続をしていただき、
後日(7月頃)入学金及び
授業料の差額分を返還します。

手続きの流れ

1.合格者は、合格通知受領後、期日までに
所定の「入学金」「委託徴収金」「前期授業料」を
納付してください。
納付確認後、入学許可通知を発送します。

2.入学後(4月)、以下の書類を提出してください。
採用候補者決定通知【進学先提出用】
(日本学生支援機構が交付)
認定申請書(本学様式)

3.5月に支援の認定を行います。
支援区分により、7月頃に入学金及び授業料を返還します。

あなたの手続き方法は?

学費の納付について

入学手続時の納入金を「入学金」
及び「委託徴収金」とします。
(通常、入学手続では「入学金」、
「委託徴収金」及び「前期授業料」の納付が必要ですが、
支援対象者については、
「前期授業料」の納付を入学後まで猶予し、
入学後に減免額を差し引いた授業料を
納付していただきます。)

※入学金は、入学後に差額分を
所定の手続により還付します。
なお、本学に入学しなかった場合、
入学金は返還いたしません。

手続きの流れ

1.合格通知・入学手続書類が届き次第、速やかに入試広報課まで電話連絡の上、
下記の書類を提出(郵送)してください。
授業料納付猶予申請書(本学様式) ダウンロードはこちら
日本学生支援機構より交付された給付奨学金の「採用候補者決定通知」の写し

2.書類の確認後、入学金及び委託徴収金が記載された「納付書」をあらためて
本学から送付しますので期日までに納入してください
(納入期日は別途ご案内します)。

3.入学後(4月)、以下の書類を提出してください。
採用候補者決定通知【進学先提出用】(日本学生支援機構が交付)
認定申請書(本学様式)

4.5月に支援の認定を行います。
支援区分により、7月頃に入学金及び授業料を返還します。